馳本丸の競馬批評

スピード指数を基準にあらゆるファクターを盛り込んだ競馬予想を無料で公開しています。

第45回 高松宮記念

見解

世間を賑わせている大塚家具のお家騒動は久美子社長の続投が決まり、名実とともに新体制となって再出発となりそうだ。ここに隠されたキーワードは「転換」だ。

デビュー当初より類稀なるスピードと出足の良さを活かして押し切る競馬が多かった◎ミッキーアイル。しかし1本調子の逃げを展開したマイルCSでは1番人気も13着と大敗。これからの古馬スプリント・マイル戦線では通用しないとみた陣営は脚質の転換を図る。

その前走、阪急杯ではハナを主張せず、逃げたニホンピロアンバーを前に置いての競馬。好位でしっかり折り合った後は前を交わす横綱展開となったが、外強襲のダイワマッジョーレに僅か及ばず同タイム、ハナ差の2着。負けはしたが収穫は大きかった。

中間は栗東Cウッドで調整。馬なりながら仕掛けると小気味好い反応を見せリズミカルな体躯で僚馬に先着。終い12秒2でまとめた。3歳時は重賞勝ちを含む4連勝でマイルCを制覇。そのポテンシャルは未だ底知らず。混迷を極める古馬スプリント・マイル戦線なら王者に1番近いのはこの馬だ。

○ダイワマッジョーレ。2013年のマイルCS以降はやや不振も昨年暮れの阪神Cを期に上昇気流に乗り、前走は好位から粘り込みを図るミッキーアイルをきっちり差し切って優勝。スランプを脱した1戦だった。

鞍乗は本年よりJRA所属となったM.デムーロで、前走からのコンビ。これ以上ないパートナーだ。中間は栗東坂路を僚馬と併せて豪快に伸び12秒5で先着。今1歩届かなかった栄冠がすぐそこまで来ている。

▲は紅一点のローブディサージュを指名。阪神JFを勝った2歳女王であるがクラシック戦線は一息。前走の阪急杯は斤量差こそあれ牡馬一線級の相手にタイム差なしの3着は大健闘。地力の問われる阪神コースは中山の急坂ともヒケを取らずタフ。改修された中京コースを考えると同馬のあわやも期待できよう。中間は栗東坂路を単走で追われ13秒0でフィニッシュ。目下好調キープだ。

△は昨年の覇者コパノリチャード。前走の阪急杯は1番人気に推されるも直線を向いて残り200m余りで失速。不甲斐ない競馬と見ればそれまでだが、馬も馬なら騎手も騎手。見限るのは些か早い。中間は栗東坂路を単走で流し12秒1。上積みも十分に見込め仕上がりも良い。

予想

  • ◎…ミッキーアイル
  • ○…ダイワマッジョーレ
  • ▲…ローブディサージュ
  • △…コパノリチャード
馬単
  • [16]=[13]
  • [16]=[3]
  • [16]→[17]
Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.