単勝・馬単・3連単で勝負する無料競馬予想ブログです。秋競馬まで休養中……。

第20回 NHKマイルカップ

見解

◎グランシルクは前走のNZTで単距離戦においては致命的な出負けを喫し終始殿から。競馬をしたのはほぼ直線のみで2着に負けはしたものの坂を駆け上がってからの大外強襲は地力の高さに他ならない。

逃げたアンブリカルの1000m通過が59秒0。比較的淀みのない流れの中で上り33秒7は出走メンバー1。稍重だった馬場を考えるとまともな競馬ができたら届いていたはずの脚勢だ。

以下同レース3着で大崩れしない○アルマワイオリ、新潟2歳Sレコード勝ちで叩き2戦目の▲ミュゼスルタン、王道ステップレースのNZT組からもう1頭アーリントンC勝ちの△ヤングマンパワーを押さえてみたい。

予想

  • ◎…グランシルク
  • ○…アルマワイオリ
  • ▲…ミュゼスルタン
  • △…ヤングマンパワー
馬単
  • [2]=[10]
  • [2]=[12]
  • [2]→[14]
Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.