単勝・馬単・3連単で勝負する無料競馬予想ブログです。秋競馬まで休養中……。

第32回 マイルチャンピオンシップ

見解

マイルCS過去5年のステップレースからは富士Sが1着2回、2着1回、3着1回と優勢。次点はスワンSの1着1回、2着2回となる。

◎サトノアラジン。前走の富士Sは2歳チャンプのダノンプラチナにタイム差なしのクビ決着。終いの上がりは同馬に次ぐ2番目だった。これは斤量差2kgを理由にできる。全姉ラキシスはエリザベス女王杯勝ち。先週は連覇を逃したが、弟は大丈夫だ。

○フィエロはスワンS-2着。終い3F-33秒2はメンバー最速。昨年2着でコースの相性も抜群。切れる脚はあるものの、仕掛け所が難しいのか勝ち味に遅い。前走は勝ったアルビアーノに離されたが、これもハンデ差4kgで説明がつく。鞍乗M・デムーロが前走で本馬を見極めたとしたら、きっちり差し切ってくれることだろう。

紅一点▲アルビアーノは単穴にどうか。前走スワンSは52kg恵量の利もあったが実績のあるフィエロに1馬身1/4勝ちきって見せたのだから立派なもの。そして今回は54kg。古馬牡馬との斤量差は3kg。妙味を狙ってみたい。

△イスラボニータ。天皇賞(秋)からのステップは、ダイワメジャーやカンパニーなどが勝っており相性も良い。元々マイル向きと評されていただけに好機と捉えるが、僅かに印及ばず連下までとした。

予想

  • ◎…サトノアラジン
  • ○…フィエロ
  • ▲…アルビアーノ
  • △…イスラボニータ
馬単
  • [8]=[10]
  • [8]=[7]
  • [8]→[5]
Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.