馳本丸の競馬批評

スピード指数を基準にあらゆるファクターを盛り込んだ競馬予想を無料で公開しています。

第67回 朝日杯フューチュリティステークス

見解

◎ショウナンライズ。前走のくるみ賞は番手で進み、直線に入ると突き放す強い競馬だった。デビューしてから1400mの経験しかないが、前2走とも最後は手綱を緩める余裕もあり、1ハロン延長も許容範囲。馬体重も450kg台なら合格点だ。

○ボールライトニング。前走の京王杯2歳Sは、好位から抜け出して1馬身1/4突き放し勝利。こちらも1400m以上は未経験となるが、内容からすれば距離延長も心配ないだろう。阪神の朝日杯は勝手知ったる蛯名正義。高パフォーマンスを期待する。

▲イモータル。前走のサウジアラビアCは、勝ち馬からタイム差なしの2着。直線は窮屈になり、リズムが崩れたが、勝ったブレイブスマッシュより脚勢があった。(終いの上がりは同じ。)代打騎乗は武幸四郎。下手は打つまい。

△タイセイサミット。前走の東スポ杯は6着も、直線の勝負どころで前がカット。スムーズさを欠いたが立て直して、終いの上がりが33秒5。まともならもう一枚やれていただろう。連下でどうか。

予想

  • ◎…ショウナンライズ
  • ○…ボールライトニング
  • ▲…イモータル
  • △…タイセイサミット
馬単
  • [2]=[9]
  • [2]=[7]
  • [2]→[10]
Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.