孤高の競馬詩人、マカオの馬券軍師、東京競馬場の馬聖など、さまざまな異名を持つ馳本丸による無料競馬予想ブログです。

珍名!?こだわり?個性的な馬名の魅力やいかに

珍名馬のイメージ

馬名の登録について

厳格なルールのもとに

馬名は公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナルの「馬名登録実施基準」に則って申請、審査されます。ちょっと抜粋してみました。

(審査基準)

第4条 次の各号のいずれかに該当する馬名は、登録できない。ただし、外国で出生し、かつ、外国で出走したことのある馬で競走の目的で輸入されたもの、又は外国で出生した馬で繁殖の目的で輸入されたものであって当該馬の生産国の馬名登録機関に馬名が登録されている馬の馬名を登録しようとする場合は、この限りでない。

(1)馬名登録原簿に記載されている馬名又はこれらと紛らわしい馬名

中略……

(6)奇きょうな名前

ア 馬名としてふさわしくない馬名

イ 著名な人物等の名称と同じ馬名

ウ 公序良俗に反する馬名又は侮辱的とみなすことのできる馬名

中略……

(7)1文字以上または10文字以上の馬名

(8)明らかに営利のため広告宣伝を目的として会社名、商品名等と同じである名称を付したと認められ、かつ、馬名としてふさわしくない馬名

以下省略……

 

馬名登録実施基準2012より一部引用

つまり、馬名は2文字以上9文字以内となり、広報活動を目的に馬名をつけることはできません。併記するアルファベットも「生産、競馬及び賭事に関する国際協約(パリ協約)」により、空白や記号を含む18文字までと決められています。

さっそく、ご紹介していきましょう。

宣伝してる?

広告編
  • マルマンガスライタ
    あきらかに商品名そのものです。株式会社マルマンプロダクツは時計やライターなどを販売する企業ですが、馬主と会社の関係はわかりませんでした。
  • レッツゴードンキ
    JRAの競走馬情報では「さあ進もう『ドンキホーテ』のように」とあります。実際のところは馬主の廣崎利洋氏と、ディスカウントストア「ドン・キホーテ」の創業者である安田隆夫氏が友人関係であることから、この名がついたようです。
冠名編

ミュゼ
代表的な産駒を挙げるならば、ミュゼエイリアンやミュゼスルタンなどでしょうか。かつては女性専門の脱毛サロン「ミュゼプラチナム」を運営していた高橋仁氏の名義でしたが、競走馬はすべて譲渡されています。

  • ミュゼエイリアン
  • ミュゼスルタン

オンワード
大手アパレル「オンワード樫山」の創業者、樫山純三氏やオンワード牧場の名義で使用されていました。だいぶ歴史を感じますが、1985年の年度代表馬オンワードゼアの名前が思い出されます。わりとよく覚えているのはオンワードセイントで、2001年のエンプレス杯を勝ちました。2012年に競馬事業より撤退。

  • オンワードゼア
  • オンワードセイント

サクラ
馬主である「さくらコマース」は、東京都府中市を拠点にパチンコ店やスーパーマーケットを経営する企業です。サクラローレルやサクラバクシンオーなど、一時代を築く名馬を多く所有していました。日本を象徴する花でもありますが、冠名においては広告表現と受けられるものも事実上は容認されているようです。

  • サクラローレル
  • サクラバクシンオー

珍名是名馬!?

誤登録編
  • ラフォンテース
    だいぶ古いところからまず1頭。本来ならばラフォンテー”ヌ”となるところを審査登録の担当者が誤認。フォンテー”ス”として登録されてしまいました。馬名変更の申請も却下されるという憂き目に……。しかし、競走馬としては最優秀2歳牝馬、最優秀4歳牝馬のタイトルを獲得するなど大活躍でした。
  • スウヰイスー
    こちらも古いですが、誤認登録の定番ともいえる1頭です。女優の高峰三枝子氏が所有していた本馬ですが、本来はスウヰトスー(スウィートスー)とするところ、電話で馬名登録の指示を受けた調教師が、聞き間違えてしまったそうです。こちらも桜花賞・オークスの二冠を制するなど成績は一流。
  • ダイユウサク
    1991年の有馬記念を14番人気で制した立役者です。まさに乾坤一擲の差し脚でした。堺正幸アナウンサーの「これはびっくり!ダイユウサク」は、名調子として語り草になっています。本来は馬主である橋元幸平氏のお孫さんの名前から「ダイコウサク」となる予定だったものが、手違いでそのまま登録されてしまったそうです。
  • アメリカンファラオ(American Pharoah)
    2015年に37年ぶりとなる、アメリカクラシック三冠へ輝いた歴史的名馬です。馬主がファラオ(Pha"raoh")のつづりを間違えて登録してしまいました。同年に引退し、2016年より種牡馬として供用されます。なお、初年度の種付け料は20万ドルとなります。

芸能人は名が命

命名でひと悶着
  • ダッシングブレイズ

この騒動は、グリーンフィールズ株式会社代表の清水一功氏が、高須クリニックの院長である高須克弥氏に「いい馬がいるので、共同馬主にならないか」と持ちかけたことが発端となります。

代金の半額を出資し「命名権をくれるなら」と了承した高須氏は「イエスタカス」を含む3つを候補に挙げました。しばらくして先の清水氏より、高須氏が考案した馬名の申請が却下され、JRAに推薦された馬名で登録したとの知らせが入ります。

納得のいかない高須氏がツイッターでJRAを非難したことから、芸能ニュースに飛び火して話題に。のちに申請すらされていないことが判明し、旧知の間柄であった両者は絶縁となってしまったようです。

冒頭のとおり、広告宣伝を目的とした馬名は承認されない規則ですから、受理されるかは微妙なラインだと思われます。また機会があったら、1995年のダービー馬タヤスツヨシにあやかって「タカスツヨシ」なんてのはどうでしょうか。

ただ、GI競走の勝ち馬に似た名前もつけられませんので、いずれにせよ難しいのかもしれませんね。

名づけ親は有名人
  • ハシッテホシーノ
    2008年デビュー。齊藤四方司氏の持ち馬で、タレントのほしのあきさんが命名されました。この馬に三浦皇成騎手が騎乗したのをきっかけに交際に発展し、2011年9月に結婚されました。ちなみに半兄のブラックカフェは、2000年のセレクトセール・サラブレッド当歳において、1億5750万円で取引されていました。
  • キミノナハセンター
    2013年デビュー。パチンコ、パチスロ機を販売している、フィールズ株式会社代表、山本英俊氏の持ち馬です。番組企画のなかで、乃木坂46の白石麻衣さんが命名しました。半姉のレッドディザイアは秋華賞馬です。2012年のセレクトセール・サラブレッド1歳において、1億5750万円で取引されました。
  • モンドシャルナ
    2013年デビュー。こちらも山本英俊氏の持ち馬で、前述の番組企画の際にAKB48の小嶋陽菜さんが命名されました。半兄は無敗の三冠馬ディープインパクトで、血統は折り紙つきです。2011年のセレクトセール・サラブレッド当歳において、2億6250万円で取引されました。

まだまだいます!個性的な名前の馬たち

こだわりの馬名
  • エガオヲミセテ
    1997年デビュー。笑顔を見せて。個性的な馬名をつけることで有名な小田切有一氏の持ち馬。はじめて「ヲ」を馬名に使用しました。重賞勝ちのある馬ですが、不慮の事故により亡くなっています。
  • ウォーニングムスメ
    2002年デビュー。現役時代は株式会社ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオンが所有していました。ウォーニングの娘だから、ウォーニングムスメなのです。
  • モチ
    2006年デビュー。餅。こちらも小田切有一氏の持ち馬。伸びに伸びて若駒ステークス勝ち。立派なものです。
  • ネコパンチ
    2008年デビュー。猫パンチ。桐谷茂氏の持ち馬です。主な勝ち鞍は2012年の日経賞。単勝万馬券(16710円)の大波乱で、12番人気での勝利でした。
  • カイカヨソウ
    2012年デビュー。開花予想。有限会社キャロットファームの持ち馬です。地方でよく走りましたので記憶に残っています。
  • リャクダツアイ
    2014年デビュー。内田玄祥氏の持ち馬です。半兄に2015年度JRA賞年度代表馬のモーリスがいますが、なぜに略奪愛……。

華麗なるGI馬たち
  • カルストンライトオ
    2000年デビュー。清水貞光氏の持ち馬です。馬名の由来は冠名+光+王より。生粋の短距離馬で主な勝ち鞍としては、2004年のスプリンターズSがあります。本来は、ライトオーもしくはライトオウとなるところですが、文字制限のため馬名がおさまりませんでした。
  • ミスキャスト
    2001年デビュー。有限会社ノースヒルズマネジメントが所有。配役ミス。番狂わせの意味もこめてねらった馬名でしょうか。自身は競走馬として活躍できませんでしたが、血統の良さから種牡馬となり2012年の天皇賞(春)を制した、ビートブラックを輩出しました。
  • オレハマッテルゼ
    2003年デビュー。またまた小田切有一氏さんの持ち馬。石原裕次郎さん主演の『俺は待ってるぜ』が由来です。主な勝ち鞍に2006年の高松宮記念。全姉に前述のエガオヲミセテがいます。
  • オウケンブルースリ
    2008年デビュー。実業家で空手道場「桜拳塾」の経営者、福井明氏の持ち馬。冠名+人名で、武術家のブルース・リーより命名されました。デビューした年に菊花賞を勝った上り馬です。こちらも9文字制限のため長音が入りませんでした。
  • ジャスタウェイ
    2011年デビュー。アニメ脚本家、大和屋暁氏の持ち馬です。JRAの競走馬情報では「その道」となっていますが、馬名はアニメ『銀魂』に由来します。主な勝ち鞍は2013年の天皇賞(秋)。2014年度ロンジンワールドベストレースホース世界1位。

あとがき

愛着があってこそ

いかがでしたでしょうか。ひとくちに珍名といっても、それぞれの背景によって趣も変わってきます。活躍するとカッコよく響いてくる不思議さもあります。ふとしたきっかけで目にした馬名から、競馬に興味を持ってもらえたらうれしいですね。

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.