競馬批評

単勝、馬単、3連単を追究する競馬予想ブログです。

日曜のレース展望 〜 第33回 フェブラリーS、第50回 小倉記念

日曜のレース展望

第33回 フェブラリーステークス(GI)

レース展望

◎モーニン。根岸Sは逃げるシゲルガガのペースで3F34秒6。ハイペースながら終始3番手に取りつき、外を周って抜け出してからは手応えもよく追い出しを待つほどだった。タールタンに詰め寄られたがプラス10kgも加味すれば危なげない勝利といえよう。1F延長が懸念材料に挙げられるが、昨年の秋麗ステークスで難なくこなしており問題ない。中間は栗東・坂路を単走で追われ終い11秒8。スムーズに折り合って競馬できれば勝利は目前だ。

○アスカノロマン。東海Sは3F37秒8でモンドグラッセが逃げるスロー展開。終始番手について抜け出してからは2馬身差の完勝だった。初コースの懸念は左回り2勝で払拭できる。中間は栗東Cウッドを単走で流し終い13秒4。前走の勢いそのままに好調をキープだ。鞍上の太宰啓介は千載一遇の好機。自信を持って乗ってほしい。

▲ホワイトフーガ。JBCレディスCで、のちにチャンピオンズCを制するサンビスタに5馬身差の完勝。前走のTCK女王盃も好位から抜け出して1馬身1/4のこれまた完勝。牝馬ながら500キロを有する馬体で牡馬相手でもパワー負けしない。まして東京コースも経験済みとなれば上位争いも必至とみている。中間は美浦坂路を単走・馬なりで追われ終い13秒1。軽快な動きを見せ万全をアピールした。

△タガノトネール。前走は休み明けでひと息だったが、昨年の武蔵野Sでノンコノユメと差のない競馬をしており1F延長も歓迎。中間も栗東坂路を単走で追われ終い12秒3の力強い動きでフィニッシュ。叩いた分の上積みは十分期待できる。

本紙の予想

  • ◎……モーニン
  • ○……アスカノロマン
  • ▲……ホワイトフーガ
  • △……タガノトネール
馬単
  • 14=4
  • 14=2
  • 14→13

第50回 小倉記念(GIII)

レース展望

本命は◎マイネルフロスト。小回りは福島で経験済み。内枠の利をいかして前目で競馬できれば。○ダコール。不良の馬場は懸念も叩き2戦目、得意の小倉で争覇圏内とみる。ここを目標に仕上げてきた▲メイショウヤタロウは単穴で警戒。実績上位の△レッドアリオンを押さえて万全を期す。

本紙の予想

  • ◎……マイネルフロスト
  • ○……ダコール
  • ▲……メイショウヤタロウ
  • △……レッドアリオン
馬単
  • 4=1
  • 4=3
  • 4→5

特捜単券隊

レース展望

東京6R

13 サトノファンタシー
前走は同舞台(東京、500万下、ダ1400m)で3着。改めて狙う手。

東京7R

14 シングンジョーカー
500万下クラスは目下2、2。遠からず昇級のメドは立っているがどうか。

東京8R

7 エルゴレア
同クラスは目下2、3、2。ここでは上位争い。

最終ねらい撃ち

レース展望

東京12R 大島特別

◎マッチレスヒーローから勝負。前走は上がり3F35秒3の脚で猛追。勝ち味に遅いが同条件は掲示板を外さない安定感がある。

本紙の予想

  • ◎……マッチレスヒーロー
  • ○……アナザーバージョン
  • ▲……クワドループル
  • △……リターンラルク
馬単
  • 4=7
  • 4=5
  • 4→2