読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬単軍師・馳本丸の競馬批評~無料競馬予想ブログ~

単勝、馬単、3連単を追究する競馬ブログです。

【2017年版】カッコいい勝負服はどれだ?!JRA、地方競馬から海外まで、選りすぐりの全66点!

勝負服のイメージ

思い入れの数だけ勝負服がある――珍名馬と同様に取りあげたらキリがないのを承知でやってみました。

毎度のことながらウイポやダビスタなどで勝負服を決めるときに迷っています。実在の勝負服とかぶらないように調べたり、参考にしてみたりと様々です。

競馬ゲームによっては再現できない服色もあったので、鋸歯形の袖一本輪は憧れましたね。

さてさて、ウイポの新作が出るまでに服色を考えておかねばなりません……。

勝負服について(JRA)

勝負服とは

騎手がレースに騎乗する際に着用する服。デザインは馬主ごとに決められている。

勝負服(競馬用語辞典) JRA

服色について

中央競馬においては、標準色は13色(赤、桃、黄、緑、青、水、紫、薄紫、茶、えび茶、ねずみ、黒、白)。模様は輪、一文字、帯、山形(ひし山形、のこぎり歯形)、たすき、縦じま、格子じま、元ろく(チェス盤のような模様)、ダイヤモンド、うろこ、井げたかすり、玉霰、星散、蛇の目または銭形散があり、1つの服色について、胴と袖・地色と模様に1色ずつの最大4色まで使用できる。

服色(競馬用語辞典) JRA

貸服・交流服

登録した勝負服をレース当日に用意できなかった場合や、馬主が勝負服を登録していない場合にJRAが一時的に勝負服を貸します。貸服の服色は斜めじまとなります。

地方競馬の馬主がJRAに馬主登録のない場合は交流服と呼ばれる貸服が使用されます。服色は四ツ割となります。

メイセイオペラ

メイセイオペラ

  • 服色:白、黄四ツ割、袖黄一本輪

第16回 フェブラリーステークスを勝った時に菅原勲騎手が着ていた交流服です。馬主である明正商事がJRAの馬主資格を有していなかったもので使用されました。2016年現在も地方競馬所属ながらJRAのGIを勝った馬はメイセイオペラのみです。

JRA登録の勝負服

JRA(日本中央競馬会)

冒頭のとおりJRAは馬主によって勝負服が登録されます。さっそく紹介していきましょう。

おもなクラブ法人の勝負服

サンデーレーシング

サンデーレーシング

  • 服色:黒、赤十字襷、袖黄縦縞

ノーザンファームより提供される良血馬がラインナップ。大レースでよく見かける勝負服です。主な活躍馬はオルフェーヴル、ジェンティルドンナ、ドゥラメンテなど。

社台レースホース

社台レースホース

  • 服色:黄、黒縦縞、袖青一本輪

社台ファーム生産の良血馬が提供されます。ホースマンならず競馬ファンも憧れる社台の勝負服です。主な活躍馬はイスラボニータ、ネオユニヴァース、ハーツクライなど。

キャロットファーム

キャロットファーム

  • 服色:緑、白二本輪、白袖赤一本輪

おもに社台グループから良血の競走馬を提供され躍進するクラブ法人です。主な活躍馬はエピファネイア、ハープスター、リオンディーズなど。

東京ホースレーシング

東京ホースレーシング

  • 服色:赤、白星散、袖白一本輪

経営体制の変更から社台系の生産馬を中心に提供を受け躍進。主な活躍馬はレッドアリオン、レッドディザイア、レッドリヴェールなど。

シルク

シルク

  • 服色:水色、赤玉霰、袖赤一本輪

こちらも近年は社台グループと提携して活躍馬を排出しています。主な活躍馬はシルクジャスティス、シルクプリマドンナ、ラストインパクトなど。

グリーンファーム

グリーンファーム

  • 服色:緑、黒三本輪

社台グループの馬が提供されるようになって重賞でもこの服が踊ります。主な活躍馬はクィーンスプマンテ、ジュエルオブナイル、ボールライトニングなど。

大樹ファーム

大樹ファーム

  • 服色:緑、白星散、袖白縦縞

マル外の快速馬といったら大樹ファームでした。主な活躍馬はタイキシャトル、タイキフォーチュン、タイキブリザードなど。

サラブレッドクラブ・ラフィアン

サラブレッドクラブ・ラフィアン

  • 服色:赤、緑袖赤一本輪

ビッグレッドファームの生産馬を中心にリーズナブルな競走馬が提供されます。主な活躍馬はマイネルキッツ、マイネルホウオウ、マイネルラヴなど。

優駿ホースクラブ

優駿ホースクラブ

  • 服色:青、赤袖、白三本輪

1968年12月に日本最初の会員制愛馬法人として開業。歴史のあるクラブです。生産牧場から競走馬を仕入れリーズナブルな価格で提供されます。主な活躍馬はエスポワールシチー、キョウトシチー、タップダンスシチーなど。

おもなセレクトセール常連の勝負服

金子真人(金子真人ホールディングス)

金子真人

  • 服色:黒、黄鋸歯形、青袖

走る馬を見極める相馬眼は業界屈指と言っても過言ではないでしょう。主な活躍馬はアパパネ、キングカメハメハ、ディープインパクトなど。

近藤利一

近藤利一

  • 服色:水色、青鋸歯形、白袖

アドマイヤの冠名でおなじみ近藤オーナーの勝負服。主な活躍馬はアドマイヤドン、アドマイヤベガ、アドマイヤムーンなど。

里見治

里見治

  • 服色:緑、黄菱山形、袖黄縦縞

サトノの冠名でおなじみ里見オーナーの勝負服。今年こそ悲願のGI達成なるか?!主な活躍馬はサトノクラウン、サトノダイヤモンド、サトノラーゼンなど。

市川義美

市川義美

  • 服色:白、青縦縞、赤袖青一本輪

ピサ、ピサノの冠名でおなじみ市川オーナーの勝負服。ヴィクトワールピサがドバイワールカップ(2011年)を優勝。勝負服も世界へとどろきました。主な活躍馬はヴィクトワールピサ、デスペラード、シャイニンレーサーなど。

島川隆哉

島川隆哉

  • 服色:緑、青菱山形、青袖

トーセンの冠名でおなじみ島川オーナーの勝負服。社台グループの良血馬を多く所有しては繁殖にあげ、ついにオーナーブリーダーとなりました。主な活躍馬はトーセンジョーダン、トーセンスターダム、トーセンラーなど。

野田順弘(ダノックス)

ダノックス

  • 服色:白、赤一本輪、赤袖白一本輪

冠名にダノンを使用。セレクトセール出身の競走馬を所有し躍進。主な活躍馬はダノンシャーク、ダノンシャンティ、ダノンプラチナなど。

野田みづき

野田みづき

  • 服色:白、赤星散、白袖

ミッキーの冠名を使用。夫は前述の順弘氏。セレクトセールの中でも社台系の高額馬を所有しています。主な活躍馬はミッキーアイル、ミッキークイーン、ミッキーラブソングなど。

山本英俊

山本英俊

  • 服色:水色、袖白一本輪

セールでは社台系の高額な良血馬を購入し、藤澤和雄厩舎へ預託するのが定番です。なかでもスピルバーグが2014年の天皇賞(秋)を制しGIオーナーに。そのほかの所有馬にカジノドライブ、フライングアップル、ペルーサなど。

一時代を築いた勝負服

かつて大レースをにぎわせた馬主の勝負服を見てみましょう。

安田修

安田修

  • 服色:黒

シンコウの冠名でおなじみだった安田オーナー。黒一色の勝負服はとても印象に残っています。主な活躍馬はシンコウキング、シンコウフォレスト、シンコウラブリイなど。

細川益男

細川益男

  • 服色:赤、青二本輪、青袖赤二本輪

マチカネの冠名でおなじみだった細川オーナー。待兼牧場を開くなどオーナーブリーダーとしての側面もありました。主な活躍馬はマチカネキンノホシ、マチカネタンホイザ、マチカネフクキタルなど。

関口房朗

関口房朗

  • 服色:赤、袖黄一本輪、黄鋸歯形

フサイチの冠名でおなじみだった関口オーナー。潤沢な資金を惜しげもなく世界中の良血馬に注ぎました。主な活躍馬はフサイチコンコルド、フサイチパンドラ、フサイチペガサスなど。

勝負服で振り返る三強列伝

平成三強(1989年・1990年)

競馬の隆盛を築いた名馬たち

菊花賞を制し一躍スターダムに駆け上がったスーパークリーク。笠松出身で芦毛の怪物と呼ばれたオグリキャップ。そして鳴り物入りでJRAへ移籍してきた大井の雄イナリワン。平成の初頭に活躍した3頭は競馬の人気にさらなる拍車をかけました。

スーパークリーク

スーパークリーク

  • 馬主:木倉誠
  • 服色:鼠、青襷、青袖
  • 主な勝ち鞍:'89天皇賞(秋)、'90天皇賞(春)
オグリキャップ

オグリキャップ

  • 馬主:近藤俊典
  • 服色:青、黄菱山形、赤袖
  • 主な勝ち鞍:'88有馬記念、'90有馬記念
イナリワン

イナリワン

  • 馬主:保手浜弘規
  • 服色:桃、紫袖、紫鋸歯形
  • 主な勝ち鞍:'89宝塚記念、'89有馬記念

新・平成三強(1993年)

クラシックを分けあった名馬たち

皐月賞を鬼脚でまとめて差しきったナリタタイシン。柴田政人にダービーを勝たせたウイニングチケット。のちに三冠馬の兄となる芦毛の秀才ビワハヤヒデ。1993年の牡馬クラシックは大いに盛りあがりました。

ナリタタイシン

ナリタタイシン

  • 馬主:山路秀則
  • 服色:桃、紫山形一文字
  • 主な勝ち鞍:'93皐月賞
ウイニングチケット

ウイニングチケット

  • 馬主:太田美實
  • 服色:赤、水色一本輪、袖黄縦縞
  • 主な勝ち鞍:'93東京優駿
ビワハヤヒデ

ビワハヤヒデ

  • 馬主:ビワ
  • 服色:黒、桃鋸歯形
  • 主な勝ち鞍:'93菊花賞

平成古馬三強(1996年・1997年)

馬も、騎手も、みんな一流だった

自在性のある脚質でファンを魅了したマヤノトップガン。遅咲きのグランプリホース、サクラローレル。武豊が愛した優等生マーベラスサンデー。この世代も記憶に残る名勝負をいくつも繰り広げています。

マヤノトップガン

マヤノトップガン

  • 馬主:田所祐
  • 服色:黄、緑縦縞、袖緑二本輪
  • 主な勝ち鞍:'96宝塚記念、'97天皇賞(春)
サクラローレル

サクラローレル

  • 馬主:さくらコマース
  • 服色:桃、白一本輪、桃袖
  • 主な勝ち鞍:'96天皇賞(春)、'96有馬記念
マーベラスサンデー

マーベラスサンデー

  • 馬主:笹原貞生
  • 服色:桃、紫袖
  • 主な勝ち鞍:'97宝塚記念

名勝負と共に振り返る勝負服

第44回 有馬記念(1999年)

ハナ差4cm!史上3頭目の連覇達成

馬体を併せるようにして入線も優勢と見られたスペシャルウィークの武豊がウイニングランを敢行。しかし実際はグラスワンダーのハナがわずか4cm前に出ていた。

グラスワンダー

グラスワンダー

  • 馬主:半沢
  • 服色:白、赤襷、青袖赤一本輪
スペシャルウィーク

スペシャルウィーク

  • 馬主:臼田義浩
  • 服色:紫、白鋸歯形

第42回 宝塚記念(2001年)

打倒、覇王へ!一矢を報いる怒涛の脚

これまでテイエムオペラオーに対しGI戦5連続2着と苦汁をなめたメイショウドトウが4角先頭の積極策。追撃を振り切り悲願の撃破となった。

メイショウドトウ

メイショウドトウ

  • 馬主:松本好雄
  • 服色:青、桃襷、桃袖
テイエムオペラオー

テイエムオペラオー

  • 馬主:竹園正繼
  • 服色:桃、緑一本輪、黄袖緑縦縞

第138回 天皇賞(秋)(2008年)

大接戦のゴール!写真判定の末に酔いしれた武蔵野の森・府中

内から逃げるダイワスカーレットに外からウオッカが猛追。完全に馬体を併せてゴールに入った。13分にも及ぶ長い写真判定の結果、ウオッカがレコードV。その差わずか2cmの決着だった。

ウオッカ

ウオッカ

  • 馬主:谷水雄三
  • 服色:黄、水色襷
ダイワスカーレット

ダイワスカーレット

  • 馬主:大城敬三
  • 服色:青、白一本輪、白袖

オーナーブリーダーの勝負服

クラシカルな装い

昨今は名門とされる牧場が閉鎖となったり明るい話題に久しいですが、自ら生産した競走馬を国内ならず世界へ羽ばたかせるオーナーブリーダーの勝負服を見てみましょう。

シンボリ牧場

シンボリ牧場

  • 服色:緑、白襷、袖赤一本輪

いち早く海外へ目を向け挑戦を続けた名門です。活躍馬はシンボリクリスエス、シリウスシンボリ、シンボリルドルフなど。

ノースヒルズ

ノースヒルズ

  • 服色:水色、赤十字襷、赤袖

世界へ通用する馬づくりは特筆すべきものがあります。主な活躍馬はアーネストリー、キズナ、トランセンドなど。

メジロ牧場・メジロ商事

メジロ牧場・メジロ商事

  • 服色:白、緑一本輪、緑袖

f:id:AZK48:20160224131257g:plain

  • 服色:白、緑一本輪、袖緑縦縞

ついにダービーは取れませんでしたが、あまたの活躍馬を排出した名門中の名門です。2011年5月20日をもって解散となりました。主な活躍馬はメジロドーベル、メジロマックイーン、メジロライアンなど。

トウショウ牧場(産業)

トウショウ産業

  • 服色:海老、黄ダイヤモンド、紫袖

天馬と名高いトウショウボーイを生産。競馬の一時代を築きましたが、折による不況の影響から縮小を余儀なくされ、2015年10月末をもって閉鎖となりました。主な活躍馬はシスタートウショウ、スイープトウショウ、トウショウボーイなど。

オンワード牧場

オンワード牧場

  • 服色:黒、青袖

アパレル事業を手がけるオンワード樫山の勝負服だけにシンプルながら洗練された趣があります。競馬事業は純三氏の死後も夫人のハル氏が引き継ぎ、牧場は2012年まで運営されました。主な活躍馬はオンワードゼア、ミスオンワード、ハードツービート(所有のみ)など。

芸能人馬主の勝負服

デザインにも注目?!

芸能人も競走馬を所有しておりJRAや地方競馬で馬主資格を有しています。華やかな世界に身をおくだけに勝負服にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

北島三郎(大野商事)

北島三郎

  • 服色:黒、茶三本輪

キタサンブラックが2015年の菊花賞を制し競馬ファンならずお茶の間もにぎわせました。そのほかの所有馬にキタサンチャンネル、キタサンヒボタンなど。

佐々木主浩

佐々木主浩

  • 服色:水色、白袖、青鋸歯形、袖青二本輪

夫人の加奈子氏が命名したヴィルシーナが2014年のヴィクトリアマイルを制覇しGIオーナーになりました。そのほかの所有馬にシュヴァルグラン、マジンプロスパーなど。

Dr. コパ(小林祥晃)

Dr. コパ

  • 服色:黄、赤一本輪、黄袖

2014年にコパノリチャード(高松宮記念)、コパノリッキー(フェブラリーS)が大活躍しました。その他の所有馬にラブミーチャンなどがおります。

前川清(前川企画)

前川清

  • 服色:桃、緑縦縞、緑袖

コイウタで2007年のヴィクトリアマイルを制覇し悲願のGIオーナーに。こちらは旧服で現在は変更されています。

萩本欽一(萩本企画)

萩本欽一

  • 服色:桃、青袖、白一本輪

前川清さんと共同で持っていたアンブラスモアが1999年の小倉記念を制するなど大活躍しました。

志村けん(志村康徳)

志村けん

  • 服色:黒、桃星散、桃袖

なかなか勝ち上がる馬に恵まれないのが残念ですが、アイーンベルを筆頭にサラブレッドを所有するれっきとしたオーナーです。

地方競馬の勝負服

南関東4競馬場の場合

騎手自身が服色を考えて着用しています。騎乗馬が変わっても同じ服でレースに挑みます。

大井競馬場

御神本訓史

御神本訓史・雑古隆夫

  • 服色:胴赤、白星散らし、袖青、白星散らし

益田のトップジョッキーとして鳴り物入りで大井へ移籍も不祥事が相次ぎ騎手免許失効。はてして今年は騎手免許を更新できるのか……?服色はエルウェーウィンを所有していた雑古隆夫氏の勝負服を模して。

的場文男

的場文男・植中昌子

  • 服色:赤、胴白星散らし

大井の帝王にして現役59歳(2016年2月現在)の大ベテラン。今年こそ悲願の東京ダービー制覇なるか!?勝負服はシーキングザパールを所有していた植中昌子氏も同じ柄でした。

内田博幸

内田博幸

  • 服色:胴青、赤山形一文字、袖白

アジュディミツオーとのコンビはこの服でした。JRA移籍後は2010年の日本ダービーをエイシンフラッシュで制覇。

戸崎圭太

戸崎圭太

  • 服色:胴青、胴赤星散らし

服色の青は内田博幸から、赤は的場文男から頂戴したもの。2013年3月JRAへ移籍。2014年の有馬記念をジェンティルドンナで制覇しました。

船橋競馬場

左海誠二

左海誠二

  • 服色:胴黄、赤襷、袖緑

第59回 東京ダービーをインサイドザパークで制覇。ニシノハナグルマを皮切りにJRAでの重賞勝ちもあります。

石崎隆之

石崎隆之

  • 服色:胴桃、緑襷、袖緑

的場文男騎手と同じく60歳で現役(2016年2月現在)の大ベテランです。この服色といえばアブクマポーロやトーシンブリザードが目に浮かびます。

桑島孝春

桑島孝春

  • 服色:胴青、白星散らし、袖白

第5回 ジャパンカップ(1985年)のロッキータイガーが思い出されます。2000年にヒノデラスタで東京ダービーを制覇。2010年5月末をもって引退となりました。

川崎競馬場

今野忠成

今野忠成

  • 服色:胴緑、袖白、緑二本輪

2007年のジャパンダートダービーをフリオーソで勝利。これが統一GI初制覇でした。神奈川県川崎競馬組合騎手会会長。

佐々木竹見

佐々木竹見

  • 服色:胴赤、黄山形一文字

川崎の鉄人と異名をとる名騎手。騎乗数39060回、勝ち星は7151にも上ります。2001年に引退。

浦和競馬場

内田利雄

内田利雄

  • 服色:胴桃、白星散らし

ミスターピンクの異名をとる名手です。快速馬ベラミロードとのコンビが思い出されます。

名古屋競馬場

木之前葵

木之前葵

  • 服色:胴青、赤一本輪白ハート散らし、袖赤、白一本輪

2013年3月31日付け地方競馬免許取得の女性ジョッキー。2015年6月23日にアルマベルヴァ号で通算100勝達成。NARグランプリ2015優秀女性騎手賞受賞。とても個性的な勝負服です。

海外の勝負服

武豊も憧れる勝負服とは

国際招待競走(ジャパンカップ)や国外のレースで見かける勝負服を紹介します。

ゴドルフィン(Godolphin Racing Inc.)

ゴドルフィン

  • 服色:ロイヤルブルー

世界中のホースマンが憧れるといっても過言ではないロイヤルブルーの勝負服。かつてステイゴールドがこの服を見ると闘争心に火がつくとまでいわれました。エレクトロキューショニスト、ドバイミレニアム、ファンタスティックライトなど名馬が並びます。

H.H.シェイク・モハメド(Sheikh Mohammed bin Rashid al Maktoum)

シェイク・モハメド

  • 服色:海老、白袖、海老一本輪

f:id:AZK48:20160224230254g:plain

  • 服色:海老、白袖

1996年にシングスピールでジャパンカップを制した際の勝負服が下になります。日本での馬主資格を得た現在は上の勝負服でディサイファが躍進しています。

ダーレー・ジャパン・ファーム

ダーレー・ジャパン

  • 服色:海老、白十字襷

モハメド殿下つながりでこちらも紹介します。アドマイヤムーンの馬主が変更になったあと出走したジャパンカップ(2007年)はこの服でした。

ハーリド・ビン・アブドゥッラー(Khalid bin Abdullah al Saud)

ハーリド・ビン・アブドゥッラー

  • 服色:エメラルドグリーン、桃左襷、白袖

ダンシングブレーヴ、デインヒル、フランケルなど世界に名立たる馬がこの勝負服で走りました。

ダービー伯爵(19th Earl of Derby)

ダービー伯爵

  • 服色:黒、白第二ボタン

第19代ダービー卿です。第25回、第26回のジャパンカップに出走したウィジャボードがこの服で走りました。

ニアルコス・ファミリー(Niarchos Family)

ニアルコス・ファミリー

  • 服色:紺、水色十字襷、袖水色縦縞

第25回 ジャパンカップ(2005年)に出走したバゴや、第35回 ジャパンカップ(2015年)に出走したイラプトがこの服で走っています。

カッコいい勝負服はどれだ?!シリーズ

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.