馳本丸の競馬批評

スピード指数を基準にあらゆるファクターを盛り込んだ競馬予想を無料で公開しています。

日曜のレース展望 〜 第34回 中山牝馬S、第50回Fレビュー

日曜のレース展望

第34回 ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)

レース展望

◎ルージュバック。有馬記念は一流の牡馬相手に10着。それでも0秒5差なら実力上位。休養明けのエリザベス女王杯もマリアライトから0秒1差の4着。ハンデ56キロでもこのメンバーなら十分争覇圏内だ。

○アースライズ。愛知杯は早めに抜け出した分ソラを使って0秒2差の3着。フラワーC2着の舞台だけに仕掛けどころひとつで上位に。

妙味があるのが▲クインズミラーグロ。この舞台は紫苑SでV。短期放牧でリフレッシュし中間は蛯名正義が乗って調整。53キロのハンデも手ごろで要警戒とした。

△シングウィズジョイ。ターコイズSは番手から攻めて快勝。放牧後はここを目標に調整。ハンデ55キロなら連下でどうか。

本紙の予想

  • ◎……ルージュバック
  • ○……アースライズ
  • ▲……クインズミラーグロ
  • △……シングウィズジョイ
馬単
  • 15=4
  • 15=1
  • 15→12

第50回 報知杯フィリーズレビュー(GII)

レース展望

◎クードラパンを本命にした。先行して詰めの甘い競馬が続いていることから終い重点の調教に変更。ここでひとつ狙ってみたい。対抗以下は距離短縮が好材料の○アットザシーサイドと▲キャンディバローズ。前者が中団から決め手を生かせるのに対し後者は——馬体が回復しているのが条件だが——持ち前のスピードはメンバー上位。決め手勝負なら△メイショウスイヅキも浮上。押さえておく。

本紙の予想 

  • ◎……クードラパン
  • ○……アットザシーサイド
  • ▲……キャンディバローズ
  • △……メイショウスイヅキ
馬単
  • 14=9
  • 14=7
  • 14→18

特捜単券隊

レース展望

中山6R

1 キャニオンロード
若竹賞2着だったクィーンズベストはチューリップ賞で0秒3差の4着。3、4着馬2頭も順調に勝ち上がっており実力は上位。

中山8R

10 アミーキティア
目下同クラスは2、3。昇級へはメドがついている。

中山9R 房総特別

11 シルヴァーコード
同舞台で2、2。OP馬スカイキューティーと互角なら。

最終ねらい撃ち

レース展望

中山12R

◎クラウンシャインから狙ってみたい。前走はスタート直後に躓いて落馬寸前だった。リズムを欠きながらも流れに乗って4着。スタートが五分なら上位争い必至だろう。減量(−1キロ)の恩恵も好材料だ。

本紙の予想

  • ◎……クラウンシャイン
  • ○……クールエイジア
  • ▲……ゴーイングベル
  • △……ケンブリッジサン
馬単
  • 16=7
  • 16=3
  • 16→8
Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.