単勝・馬単・3連単で勝負する無料競馬予想ブログです。秋競馬まで休養中……。

日曜のレース回顧 ~ 第48回 ダービー卿CT、第60回 大阪杯

日曜のレース回顧

第48回 ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)

レース結果

1着(5番人気)10 マジックタイム
4角は7番手で周回。直線はインに切れ込み先に抜けたロゴタイプをクビ差かわす。上がり3F33秒8はメンバー最速。53キロのハンデも生きた。

2着(4番人気)▲14ロゴタイプ
終始好位3番手で競馬。直線早々と先頭に立ち粘り込みを図るが勝ち馬の決め手が勝った。調教が絶好だっただけに惜しい一戦。

3着(1番人気)◎6サトノアラジン
4角は9番手。直線は進路を探すようにインへ切れ込むが決め手及ばず。+10キロが響いたか。次走の変わり身に期待。

レース回顧

6着(3番人気)○5ダッシングブレイズ
スタートで躓く。4角は11番手でこの展開では厳しい位置取り。終いの上がりはサトノアラジンと同じ。落馬でひと息あったがよく頑張った。

8着(1番人気)△4キャンベルジュニア
押し出される形でハナに。重賞初挑戦でこの展開は厳しいか。

払戻金
  • 単勝 1,300円(5番人気)
  • 馬単 12,830円(42番人気)
  • 3連単 59,230円(182番人気)

第60回 産経大阪杯(GII)

レース結果

1着(2番人気)9○アンビシャス
スロー展開を見越してか奇襲の番手。上がり3F33秒4と切れ味も健在で先を行くキタサンブラックをクビ差かわした。

2着(5番人気)▲7キタサンブラック
すんなりハナに立ちマイペースへ持ち込んだ。最後は勝ち馬の決め手に屈した形だがハンデ差を考えれば上出来。

3着(4番人気)8 ショウナンパンドラ
池添謙一いわく「次走がマイル戦だし少し出ていったが折り合いはついた」とのこと。4角は5番手。上がり3F33秒3はメンバー最速。

レース回顧

6着(3番人気)◎3ヌーヴォレコルト
3番手で競馬。インを狙っていったが伸びは案外。岩田康誠は「正攻法で乗りましたが……」とコメント。+9キロ――仕上り途上だったか。

4着(1番人気)△2ラブリーデイ
スタートであおった分位置取りに難。M.デムーロは「ペースが遅くて引っ張って引っ張って……」とコメント。直線に向いても進路がなく厳しい競馬となった。終いの脚は勝ち馬と同じ。

払戻金
  • 単勝 390円(2番人気)
  • 馬単 2,510円(12番人気)
  • 3連単 12,810円(59番人気)

特捜単券隊

レース展望

中山7R

2着(1番人気)6 インストレーション
終始番手から進めたが勝ち馬(ジェイケイライアン)の決め手に屈した。

中山9R 千葉日報杯

6着(2番人気)2 シルヴァーコード
ややテンション高いまま押し出されるようにハナへ。坂下までは脚があった上ってからは失速。

中山10R 伏竜S

1着(1番人気)3 ストロングバローズ
インでじっくり進め4角は5番手で周回。直線で先を行く馬の間を割って抜け出すと最後は2着を1馬身3/4突き放し快勝。単勝260円。

最終ねらい撃ち

レース回顧

12着(2番人気)◎2マイネルエスパス
4角は6番手で周回していた。直線は挟まれて窮屈になり満足に追えず。

2着(1番人気)○11キタサンサジン
追い出して行ってハナを主張。懸命に粘ったが最後はクビ差かわされた。

5着(3番人気)▲10タッチシタイ
4角は3番手に取り付いていた。直線はジリ退といったところ。

6着(10番人気)△8アキノアッパー
後方10番手から。上がり3F37秒0。見所はあった。

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.