競馬批評

単勝、馬単、3連単を追究する競馬予想ブログです。

土曜のレース回顧 ~ 第18回 中山グランドJ、第21回 アンタレスS

土曜のレース回顧

第18回 中山グランドジャンプ(J・GI)

レース結果

1着(2番人気)▲7オジュウチョウサン
3週目4角では前を行くサナシオンをとらえる脚勢。最終障害も危なげなく飛越し坂下から力強く伸びると同馬を3馬身半突き放し完勝。

2着(1番人気)◎2サナシオン
終始先頭で展開。最終障害も低空飛越ながらOK。そのまま押し切りを図るが番手からのマークがキツかったか急坂で力尽きた。

3着(7番人気)3メイショウアラワシ
道中は中団から展開。最終障害を飛越しインから猛追したが及ばず。

レース回顧

7着(8番人気)○4マイネルフィエスタ
出脚鈍く最後方。リズムを欠いた格好だが無事完走。

5着(3番人気)△5ワンダフルワールド
最終コーナーでは4番手まで押し上げてきたがそこから一歩及ばず。距離は少し長いようだが完走。

払戻金
  • 単勝 650円(2番人気)
  • 馬単 1,630円(6番人気)
  • 3連単 26,490円(69番人気)

第21回 アンタレスステークス(GIII)

レース結果

1着(1番人気)○9アウォーディー
4角は7番手。終いの3F36秒8は最速タイ。直線は抜け出しにかかるアスカノロマンをキッチリ半馬身とらえた。

2着(3番人気)◎16アスカノロマン
終始番手で運び絶好のポジショニング。最後は決め手の差が出たがこれは斤量差。引き続きダート戦線での活躍に期待。

3着(5番人気)2サージェントバッジ
道中は後方12番手から進出。勝ち馬と同じ上がりで猛追も3着まで。ハンデも手ごろだったか。

レース回顧

16着(6番人気)▲14センチュリオン
4角では5番手にいたが一杯。故障ではないようだが昇級初戦・初重賞――仕方がない。

5着(2番人気)△3ロワジャルダン
4角は4番手。淀みのない流れで展開は○。この馬にしてはやや追い出して行った感も。

払戻金
  • 単勝 180円(1番人気)
  • 馬単 670円(2番人気)
  • 3連単 10,620円(23番人気)

特捜単券隊

レース展望

中山6R

3着(1番人気)◎4スターオブペルシャ
若干あおりつつもスタートは五分。折り合いを欠き勝負どころで置かれ(4角7番手)最速で上がるも前をとらえきれず。

中山7R

4着(1番人気)◎8ユアザイオン
4角は4番手。直線を向いて案外。前は止まらなかった。

中山9R 山藤賞

2着(3番人気)◎8ミヤビエンブレム
隣の馬に寄られたためスタートはひと息。上がり3F34秒4は勝ち馬と同じ。位置取り、首の上げ下げ、惜しい一戦。

最終ねらい撃ち

レース回顧

中山12R 利根川特別

1着(1番人気)◎13ルールソヴァール
4角5番手から進出。直線に向くと渋太く伸び馬体を併せたアスペンツリーを3/4馬身振り切り優勝。

4着(4番人気)○10クロフネビームス
4角で6番手まで押し上げた。上がり3F36秒5と脚を使っているが直線はジワジワ。

7着(7番人気)▲12サトノバリアント
2角で後方3角で番手とややチグハグ。4角では5番手と置かれそのままジリ退。

10着(6番人気)△5アメリカンストーム
道中は中団で展開も直線を向く前にひと息。昇級初戦ではこんなものだろうか。

競馬批評
©2017 競馬批評