馳本丸の競馬批評

スピード指数を基準にあらゆるファクターを盛り込んだ競馬予想を無料で公開しています。

ウイニングポスト8 2016 まったりプレイ その5

ウイニングポスト8 2016 まったりプレイ その5

まったりのびのびとしたウイポ8 2016のプレイ日記です。Vitaのパッケージ版です。

まったりプレイ その5

史実期間が長すぎてやや飽きてきたところウイポ熱が戻ってきたので更新と相成りました。タイトルアップデートもがんばってますね。

ウイニングポスト8 2016

メリーゴーランドを設置しました。

殿堂入りするわが仔

ウイニングポスト8 2016

その4で紹介したテンペストボスは牡馬3冠、天皇賞(春・秋)連覇など国内で大活躍しました。

ウイニングポスト8 2016

シブいところではランニングボスでしょうか。母アンカラボスの仔だしが良くてランニングフリーの仔でダート戦線を賑わせました。この父系が続くと面白そうですね。

海外種牡馬の仔たち

ウイニングポスト8 2016

シャイニングボス。名牝系のひとつビューチフルドリーマー系である”女旅役者”ヤマノシラギクとヘイローが織り成す愛の結晶。

ウイニングポスト8 2016

クリムゾンボス。ヌレイエフの直仔で、マイル~中距離で世界的に活躍。息長く走りました。

ウイニングポスト8 2016

カリビアンボスは国内自家生産ですが血統はとてもアメリカン。(母父はダンジグ)今年はラニが米国三冠へ挑戦して賑わせましたね。

ウイニングポスト8 2016

全弟のディバインボスは米国2歳チャンプ。兄と同じく主戦は岡部騎手。

ウイニングポスト8 2016

テンペストボスをはるかに凌ぐ大納言Fの大出世頭、ギャラントボス。ミスプロ直仔のスーパーマイラーですが距離適正が……。ドバイターフを3連覇するなど獲得賞金もワールドクラス。

一方の史実馬は……

史実馬ではサクラローレル、ナリタブライアン、エアグルーヴが殿堂入り。サクラローレルは海外の長距離へまわし、ナリタブライアンは国内で無双。エアグルーヴは史実通り天皇賞(秋)を取りました。

ウイニングポスト8 2016

サクラローレルはブライアンとのレース重複を避け国内の競走はほとんど走らず3歳から海外遠征しました。

ウイニングポスト8 2016

世代屈指の最強馬ナリタブライアン。海外でもラクに勝てそうですが国内に専念。17戦16勝。はて、どの馬に負けたんだっけなぁ……。スターマン?

ウイニングポスト8 2016

男勝りといえば”女傑”エアグルーヴ。近代競馬における華麗なる一族の担い手。ダイナカールを所有したので自家生産です。このままドゥラメンテまで所有していきます。

クラブの評価は手厳しい

ウイニングポスト8 2016

ソイ・サラブレッドクラブは社台系の史実馬を投入し躍進中ですが、あまり評価は伸びません。知人は今のところ結城、鳴尾、坂越、井坂というラインアップです。

ウイニングポスト8 2016

鳴尾はチョイスが絶妙でえらい儲かってますね。一方の結城、坂越は高額設定した史実馬に出資してマイナスで推移してます。井坂さんはまだ出資してません。

モチベ上げていこう

ウイニングポスト8 2016

分場の話が一回きました。生産を増やしてどんどんクラブにまわしたいです。それと気分一新のため勝負服を赤、白鋸歯形から水色に変更。水色の超サイヤ人からイメージしました。冠名のボスを廃止し人名しばりに。

家族が増えました

ウイニングポスト8 2016

父親が四十八と書いてサムソンと読むので子供たちはみんなキラキラネームです。長男はゼウス、次男はアポロ、三男はアレス。女の子がほしいところ。

あとがき

ウイニングポスト8 2016

1997年の京王杯2歳Sで最後のボス世代、アトランタボスが大金星。海外セールは気を抜いてると誤って飛ばしてしまうので注意が必要です。

この翌年はエルコンドルパサーやグラスワンダー、スペシャルウィークに苦渋を飲まされました……。クラブにまわしておきたかったですね。

ifを楽しむ

サイレンススズカを所有し予後不良による消失を回避。マイルを中心に世界規模で大活躍中。引き続き、まったりとプレイしていきます。

ウイポ8 2016 ほのぼのプレイシリーズ

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.