馳本丸の競馬批評

スピード指数を基準にあらゆるファクターを盛り込んだ競馬予想を無料で公開しています。

逆転種牡馬 その3 ~スターウォーズ~

逆転種牡馬

はじめに

種付料が低価格(無料~30万円)に設定されている種牡馬にスポットライトを当てて、コメントを寄せていこうという企画です。

スターウォーズ

プロフィール

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:レディバラード
  • 勝ち鞍:C2(九)(十)
  • けい養先:大西雅信氏
  • 2016年度fee:10万円

コメント

2007年のセレクトセール当歳において8505万円で落札。デビュー当初はJRAに所属したが、未勝利のまま船橋へ移籍。3勝を上げ再びJRAへ戻ったものの、勝ち星に恵まれず引退した。争覇圏内はダート1500m~1600mで、芝への適正は見られなかった。半弟にAJCCを勝ったダノンバラードがいる。

父キングカメハメハについては芝、ダートを不問とする枚挙に暇がないほどの活躍馬が出ており、ここでは割愛することにしよう。

母レディバラードは、アンブライドルドの直仔で交流重賞2勝。ミスプロ系同士の配合で3×4のインブリードが成立している。2代母のエンジェリックソングはヘイローの直仔で、全兄にデヴィルズバッグ、全弟にセイントバラードがいる良血。

3代母のバラードは屈指の名牝で、初仔のグローリアスソングからは、グランドオペラ、ラーイ、シングスピールを排出。産駒のシャンソネットからもダノンシャンティが出ている。

血統的な説得力は十分あるが、すでにミスプロのクロスとヘイローを内包しているために相手選びがネックとなりそうだ。

たとえば、ストームキャット系ヘネシー産駒のホエールシャークなら、母父もネヴァーベンド由来のダルシャーンでクロスは発生しない。ミスプロのインブリードは4×5に静まる。

次回は、グランデグロリアの予定です。

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.