競馬批評

単勝、馬単、3連単を追究する競馬予想ブログです。

日曜のレース回顧 ~第54回 アルゼンチン共和国杯(GII)

日曜レース回顧

レース回顧

よーいドンの瞬発力勝負。先行勢には厳しい展開

クリールカイザーが好スタートを切り、そのままハナへ。内からショウナンバッハが進出するが控える形で4番手。外からムスカテールがジワジワとポジションを上げて番手につけ、以下、マイネルメダリスト、フェスティヴイェル、モンドインテロと形成。

このあたり、シュヴァルグランとワンアンドオンリーが入れ替わり、その後ろプレストウィック、下がって真ん中にアルバート、内にトレジャーマップ、外目からヴォルシェーブが運び、流れが落ち着く。

500mから1900mまでは12秒台のラップを刻んでおり、クリールカイザーが作り出したゆったりとした流れ。1900mから流れが変わり、ゴールまでの3ラップは、11秒7、11秒1、11秒4。ペースはスローでも隊列は縦長となりキレ味勝負の展開となった。

58kgでも完勝!GI制覇へ名乗りを上げたシュヴァルグラン

直線残り200mで先頭を行くクリールカイザーの手応えがなくなり、変わってモンドインテロと、馬場の真ん中からシュヴァルグランが鋭伸。並ぶ間もなく抜き去るとそのままゴールを突き抜けた。

一方2着争いは、坂を上ったあたりでひと息となったモンドインテロを、後方で脚をためていたアルバートとヴォルシェーブが急襲。それぞれジワジワと差を詰め、勝ち馬に半馬身まで迫ったアルバートが2着。上がり最速の33秒5を繰り出したヴォルシェーブが3着となった。

姉妹がGI馬となった良血がいよいよ本格化。GI制覇へ名乗りを上げる。

本紙の予想回顧

本丸記者の予想はコチラからどうぞ

本紙の予想結果

馬単△◎2,140円

3連単は2頭軸なので取りこぼしました。惜しかったです。

天皇賞(秋)のようにズバリ!といきたいですね。

馬券

  • 1着△11シュヴァルグラン
  • 2着◎5アルバート
  • 3着△13ヴォルシェーブ
  • 4着○1モンドインテロ
  • 5着△8フェイムゲーム
  • 6着△12レコンダイト
  • 7着△6クリールカイザー

次週は再びGI戦!エリザベス女王杯です。

ぜひ参考にしてみてください!

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.