孤高の競馬詩人、マカオの馬券軍師、東京競馬場の馬聖など、さまざまな異名を持つ馳本丸による無料競馬予想ブログです。

日曜のレース展望 ~第33回 マイルチャンピオンシップ(GI)~

日曜のレース展望

レース展望

ひと息入れたい先行勢。よどみのない流れは必至

外回りコース。3コーナーまでの直線が長くテンからペースは速め。よどみのない流れが予想される。よって逃げ切りは至難で、差し・追い込みが台頭する。

直線は平坦ゆえに、スピード・瞬発力がもっとも重視される。過去5年から算出した想定タイムは1分32秒7。上がり3Fは33秒9。

ペースはミドル~ハイ。中団、後方の差し馬が優勢

テンに取り付くスピードを考えると、ミッキーアイルの単騎が濃厚。逃げ切るのは難しいと思っても、気分よく行かせたほうが持ち味が生きる。

ウインプリメーラやクラレントあたりも追い出して行くだろうが、ついて行くので精一杯と見て2、3番手が妥当か。

番手以下、内にディサイファが潜り込み、合わせるようにマジックタイム、外からテイエムタイホーと続く。人気の一角、イスラボニータとヤングマンパワーの2騎はこの後ろ。瞬発力も兼ね備えるネオリアリズムはおそらく控える手。

日曜のレース展望

中団からダノンシャーク、中ほどにサトノルパン、外にガリバルディ。前走出していったダコールは本来の位置に。人気どころを注視しながら真ん中にサトノルパン。

後方からは末脚にかけるサトノアラジン。出たなりでポジションをキープし、徐々に下げていく内寄りの真ん中。並ぶようにフィエロと外にサンライズメジャー。最後方はロードクエストで隊列が整う。

本紙の決断

サトノアラジンが”ナタの切れ味”なら、ガリバルディは”カミソリの切れ味” 研ぎ澄まされた末脚が炸裂する

◎17ガリバルディ

富士Sはヤングマンパワーから0秒3差の5着。直線はロードクエストと並んで最後方。スローの上り勝負で展開は向かなかったが、ただ闇雲に直線だけの競馬に徹したのではない。”折り合いに専念する”という明確な意図がそこにあった。

この馬に対する福永祐一の惚れ込みようが分かる。GIともなれば殿一気で勝てるほど甘くはない。少しでも負担なく前に出して行くために、敢えて厳しい競馬をこの馬に課したのだ。

せせらぎのような流れの中で、1ハロン余計に走らんとばかりに大外を回し、メンバー最速の上がり(33秒4)を繰り出したポテンシャルは本命に相応しい。

○2サトノアラジン

スワンSはメンバー最速の上がり3F33秒6を繰り出し直線一気の快勝。瞬発力は言わずもがな折り紙つきで、良馬場なら終い33秒台の脚で確実に伸びてくるだろう。”サトノ”の呪縛から解き放たれた今ならGIにも自ずと手が届く。

△15ネオリアリズム

札幌記念はC.ルメールの奇策でモーリスを撃破。本来はウェルカムSのように後方からの差しが身上で終い33秒台の脚もある。自在性に富んだ脚質なら行って良し、下げて良し。あとはR.ムーアの妙技に任せるほかない。

△5ヤングマンパワー

富士Sはスローの上がり勝負だったが、シッカリ流れに乗って終い33秒8。1キロ恵まれたといえ、イスラボニータに屈しなかったのだから実のある勝利だ。

目下3連勝で充実の一途。乗り替わりの懸念はあるが、本格化した今ならGI制覇も夢ではない。

△8イスラボニータ

富士S2着。休み明け58キロで0秒1差なら及第点。1キロ減で臨める今走は好材料。マイルで連を外したのは今年の安田記念5着のみ。モーリス不在なら地力はメンバー屈指だ。

△16ミッキーアイル

スプリンターズS2着。テンに取り付くスピードは一級品。揉まれない外枠は好材料だが、気分良く運べることが条件となる。脆さも同居するゆえ押さえなら。

△7フィエロ

スワンSは出遅れてリズムを欠いたことがすべて。昨年、一昨年ともに2着と惜しい舞台。巻き返しの目は十分ある。

△10マジックタイム

府中牝馬Sはクイーンズリングに0秒2差の2着。瞬発力に富んだ馬で牡馬混合の関屋記念では3着と好走。一線級の牡馬相手に斤量マイナス2キロの恩恵でどこまで迫れるか。

△9サトノルパン

癖馬で操舵に難しいが、和田竜二の助言を受けたM.デムーロが中間で”試乗”。その感触を確かめられたことが何よりの強調材料だ。

△4ロードクエスト

富士Sは出負けの上、スローの上がり勝負でいいところなし。終い33秒6の脚を繰り出してはいるのだが、リズムを欠いた格好だろう。いずれにせよ立ち回りひとつで。

本紙の予想

マイル戦線を背負って立つガリバルディが真価を発揮!馬券は取りこぼしのないように手広くマルチで。

馬単【ながしマルチ】【18点】
  • 17=2、4、5、7、8、9、10、15、16
3連単【軸2頭ながしマルチ】【48点】
  • 17=2=4、5、7、8、9、10、15、16
Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.