競馬批評

単勝、馬単、3連単を追究する競馬予想ブログです。

【日曜回顧】第68回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

日曜回顧

レース回顧

展開総括

エムオービーナスとリスグラシューが出遅れ。ショーウェイが絡んで行かなかったためレース展望の通りアリンナの単騎逃げとなりました。

600m通過34秒7。後半3F36秒7。前走の時計から後半35台でまとめれますが、勝ち馬が持ったままで迫ってましたから厳しかったと思います。それでも渋太く粘っていましたね。

 改装直後の高速の芝で、まして勝ったのがウオッカだった2006年の1分33秒1を別にすると、最近10年では、2007年の1分33秒8(トールポピー)、2013年の1分33秒9(レッドリヴェール)につづく3番目の好タイムである。

柏木集保 重賞レース・回顧

日曜展望でもピックアップした2013年について柏木さんも触れられています。過去のレースから展開・ペースを読み解き、予想を組み立てる「Stream=展開」に狂いはなかったということでしょうか。

ソウルスターリング

勝ったソウルスターリングは、好位内々から手応えよく持ったまま。手前を替えるためでしょうか、残り150m程度でワンステッキ。外から強襲するリスグラシューを確認し突き放しました。

終わってみれば2着に1馬身1/4差の完勝。2歳牝馬にして威風堂々。クラシックも楽しみですね。

リスグラシュー

一方のリスグラシューは痛恨の出負け。エムオービーナスが暴れていたのでつられましたかね。終い最速の33秒5で追い込みましたが、勝ち馬とは立ち回りの差もあって届きませんでした。内容的には強い競馬をしたと思います。

レーヌミノル

思い通りの競馬ができたのがレーヌミノルではないでしょうか。先団の好位5番手、前に馬を置いて折り合えました。

最後は決め手の差でリスグラシューに交わされましたが持ち味は生かせたと思います。来年は浜中騎手の手へ戻るのでしょうか。こちらも楽しみな馬です。

本紙予想回顧

展望総括

週中展望

ネガティブ・キャンペーンを一蹴してくれて爽快でした。合わせて週中展望の特選がズバリ!色々と報われた一戦でした。

日曜展望

勝ったソウルスターリングはあらゆる負の情報――初輸送、多頭数、内枠――をあっさりと飲み込んで完勝してくれました。本紙決断の通り”地力で捻じ伏せる血統的スケールを持ち合わせている”にすべて表せていると思います。

本紙予想結果

馬単◎▲900円、3連単◎▲〇4,250円

大本線2本ズバリ!

配当は少ないですが、久々の的中で何とか踏みとどまりました。

馬券馬券

  • 1着◎2ソウルスターリング
  • 2着▲18リスグラシュー
  • 3着○4レーヌミノル
  • 5着△17ヴゼットジョリー
  • 7着△8サトノアリシア
  • 11着△11ジューヌエコール
  • 13着△6ショーウェイ

次回は、朝日杯フューチュリティステークス(GI)です。紅一点フランケル産駒のミスエルテが出走!ソウルスターリングが阪神JFを制したことで俄然注目が集まります。

週中展望・特選と本紙の決断にどうぞご期待ください。

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.