馳本丸の競馬批評

スピード指数を基準にあらゆるファクターを盛り込んだ競馬予想を無料で公開しています。

【週中展望】第61回 有馬記念(GI)

週中展望

枠順が確定しました。1枠1番にキタサンブラックが入りました!運も実力のうちとはよく言ったものですが、何よりも引きが強い武豊騎手。恐れ入りました。

この馬番で負けたことはありませんが、もちろん強力なライバルたちも控えています。週中展望で絞り込んでいきたいと思います。

時計

  • タイム【2.33.7】
  • ペース【(6.9)30.7-35.3】
  • 上がり【34.6】

平均ラップからの推測

過去5年の平均時計です。前半は500mの時計で最初の100mは6秒9と出ました。合わせると前半3Fのタイムは37秒6となります。

ちなみに昨年キタサンBは前半37秒2で逃げて3着に粘っていますが、近5走の平均をとってみるとテンに36秒5の脚があります。

マルターズアポジーも逃げたい一頭として、近5走の平均をとってみると前半3Fは35秒5。キタサンBよりも1秒ほどテンに速い脚が使えるということですね。

通過タイムからの想定

例年の傾向

過去5年で37秒を割ったのは2012年の36秒9で、ゴールドシップが勝った年のみ。2500mという距離もありますが、ペースは落ち着く傾向にあるようです。

この年は1000m通過も59秒8と速いので、後方で控えていた人気薄のオーシャンブルーや、ルーラーシップが果敢に追い込んできました。

今年の展開

さて、今年はどうでしょうか。Mアポジーのほうがテンの脚があるのでスンナリいけると思います。行って持ち味は十二分に生きると思いますが未知数の部分が多いです。

キタサンBに関しては番手でも十分競馬ができるので、張り合ってまで逃げる必要はありません。包まれない程度に出して行けばOKでしょう。

Mアポジーが単騎で行って前半3F37秒台前めのラップ想定でレース展望へと引き継ぎたいと思います。

出馬表

馬番が確定しました。冒頭でも触れた通りキタサンブラックが1枠1番の絶好ポジション。となりにゴールドアクターが入ったのも因縁を感じます。

サトノダイヤモンドは6枠11番。外寄りの内といったところで踏みとどまった感じ。シュヴァルグランは7枠14番に入りました。宝塚記念で進路をなくしているので外枠は悪くない印象です。

サウンズオブアースは3枠6番。内に外にライバルを見ながら競馬ができるので、これは好枠かもしれませんね。

12月いっぱいまでJRAレーシングビュアーが無料で使えるということで早速登録してみました。

たくさん調教を見て予想に反映できたらいいなぁと思っていたら、21日の栗東は濃霧がひどくて馬は見えないわ、時計は出ないわで散々……。

それでも過去のレースや調教、パドックなどを自分の目で見られるのはいいですよね。当たったらそのまま継続しようかな~。

何はともあれ有馬記念。自分の好きな馬を応援するのがいちばんだと思います。外れたら一緒に大井で頑張りましょうね。

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.