読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬単軍師・馳本丸の競馬批評~無料競馬予想ブログ~

単勝、馬単、3連単を追究する競馬ブログです。

第57回 京成杯(G3)

第57回 京成杯(G3)

中山のメーンは11R京成杯(G3)です。賞金の足りない馬にとっては、ここでしっかり加算してクラシック戦線へ名乗りを上げたいところでしょう。

本紙の決断

本命はホープフルS2着(レイデオロに0秒2差)の2マイネルスフェーン。ステイゴールド産駒らしい小柄な馬体ながら使い減りしないタイプ。

ここで賞金を加算できれば確実にクラシック戦線に乗れるだけにメイチの仕上げとみていい。行き脚もついてきただけに好枠を利して確実にポジションを取りたい。

対抗は8コマノインパルス。重賞勝ちのレイデオロを物差しにすれば、葉牡丹賞で勝ち馬に0秒2差と肉薄したこの馬も十分争覇圏内。

馬体増も成長分と取ってみれば懸念材料ではなくむしろ好材料。母系にはリンデンリリーの名前もあり、バゴから久々に楽しみな産駒が出てきたか。

ほぼ1勝馬同士のメンバー構成なら15バリングラにもチャンスがある。

前走は直線で少し窮屈なシーンもあって6着だったがそれでも0秒3差。終いの脚35秒7はメンバー中3位。幼い面もあるがチークピーシーズ着用で効果が出れば面白い。

500万勝ちの実績がある10アダムバローズは能力があるだけに当日のテンション次第で巻き返しは可能。

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.