競馬批評

単勝、馬単、3連単を追究する競馬予想ブログです。

【代替開催】第64回 日経新春杯(G2)

【代替開催】第64回 日経新春杯(G2)

京都のメーンは11R日経新春杯(G2)です。降雪で中止になった京都競馬の代替開催で17日に行われます。出馬投票をやり直して施行されるため馬番に変更があります。

本紙の決断

本命は5ミッキーロケット。京都新聞杯では菊花賞、有馬記念を勝ったサトノダイヤモンドとタイム差なしの2着。菊花賞はさすがに距離が長かったがそれでも5着と能力は見せた。

スタートさえ五分に出ればあとはリズムよく流れに乗るだけ。終いの脚を生かしてパワフルに弾けてくれるはずだ。

対抗は2ヤマカツライデン。突き放して逃げたいタイプだけに前走の京都大賞典は相手も悪かったが引き付ける逃げとなり展開も裏目に。

今回は比較的ラクに単騎で行けるメンバー構成で本来の突き放した逃げができそう。後続へなし崩しに脚を使わせたい。

単穴は3シャケトラ。脚元がパンとしてようやく本領発揮といったところ。稽古にも身が入るようになり状態は上昇カーブ。条件馬の身でG2は少々荷が重いものの、ハンデを鑑みれば軽視は禁物。

押さえに8モンドインテロ。ステイヤーズS3着後は短期放牧に出てリフレッシュ。京都2400mは2勝と相性の良い舞台。ハンデは少々見込まれた感じもするが終いの脚は堅実。

競馬批評
©2017 競馬批評