単勝・馬単・3連単で勝負する無料競馬予想ブログです。秋競馬まで休養中……。

第34回 東海ステークス(G2)

第34回 東海ステークス(G2)

中京のメーンは11R東海ステークス(G2)です。昔は2300mで施行されていましたが、すっかり1800mで定着しましたね。

フェブラリーSへ向けて気炎を吐くのはどの馬か?さて、本紙の決断はいかに……。

本紙の決断

本命は昨年の覇者1アスカノロマン。チャンピオンズCでは番手につけての競馬。最後は切れ負けしたがあわやの3着と見せ場タップリ。

中京は2勝3着1回で複勝率100%の舞台。アクシデントがなければここは順当だろう。

対抗は8グレンツェント。前走後はここを目標に調整し順調そのもの。新潟のレパードSを勝っており左回りはOK。ここで負かしたケイティブレイブは交流戦で気勢をあげている一頭ならこの馬もやれていい。

終いの脚は確実で展開次第ではアッサリ突き抜ける可能性も。

単穴は9ピオネロ。シリウスSはゴール前で寄られる不利も、再度盛り返してタイム差なしの2着。斤量はもらっていたが3着のアポロケンタッキーを退けたのだから能力は高い。

結果を出して本番――フェブラリーS――へ向かいたい。

連下筆頭は2モズライジン。東京大賞典は出負けしたとはいえさすがにメンバーも強かった。重賞ではもう一枚足りない上に勝ち味に遅いが、好位でリズム良く運べれば立ち回りひとつで。

3勝を挙げている左回りに変わったことも好材料。

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.