競馬批評

単勝、馬単、3連単を追究する競馬予想ブログです。

第110回 京都記念(G2)

第110回 京都記念(G2)

2月12日(日)京都のメーン11Rは京都記念(G2)です。

最強世代のダービー馬マカヒキがいよいよ始動。一方で立ちはだかるは、香港ヴァーズ勝ち馬のサトノクラウン。目下好調のミッキーロケットも参戦し三つ巴の様相を呈します。

さて、本紙の決断やいかに。

週中展望では本丸の注目馬や穴馬を紹介しています。合わせて参考にしてみてください。

本紙の決断

サトノクラウン

週中ターゲットで取り上げたとおり昨年の覇者。

渋った馬場なら舞台設定は更に◎。東スポ杯やダービーで33秒台の上がりも使えるようにパワーだけでなく瞬発力も兼ね備えている。

久々だがしがらき帰りの堀調整なら今年初戦とはいえ抜かりはあるまい。最強世代の前に立ちはだかる壁となるか注目したい。

ミッキーロケット

週中フォーカスで触れたとおり目下充実の一途。日経新春杯はシャケトラに迫られるも差し返す闘争心もあって気勢を上げている。

相手強化となるが脚を使った後の二枚腰は強力な武器となろう。言わずもがな京都巧者で距離短縮はプラス。渋った馬場も気にしない。

本紙の印

単勝

馬単

  • ⑥→③⑨
  • ③⑨→⑥
  • ⑥→②⑩

3連単

  • ⑥→③⑨→②③⑨⑩
  • ③⑨→⑥→②③⑨⑩
Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.