読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬単軍師・馳本丸の競馬批評~無料競馬予想ブログ~

単勝、馬単、3連単を追究する競馬ブログです。

第22回 アンタレスステークス(G3)│週中展望

第22回 アンタレスステークス(G3)│週中展望

4/15(土)阪神のメーンはアンタレスSです。フルゲート16頭のところ、23頭の特別登録がありました。

出走予定馬

アスカノロマン

7戦して連対なし。昨年のチャンピオンズカップ3着。

カゼノコ

7戦して連対なし。

キクノソル

5戦して連対なし。

グレナディアーズ

船橋のダイオライト記念4着。中央の重賞は初挑戦。

グレンツェント

前走の東海Sを勝った後はフェブラリーSを回避し大井の帝王賞を目標に今走へ。

ショウナンアポロン

6戦して連対なし。

タガノエスプレッソ

芝、ダート兼用。ムラ駆けの印象。

タムロミラクル

2走前のポルックスS3着を皮切りに佐賀記念へ。ロンドンタウンの2着。力をつけてきている印象。

トップディーヴォ

前走の北山Sを勝ってOP昇格。重賞はアンタレスS、平安Sと2走あるが8、7着とやや足りない印象。

ナムラアラシ

同舞台の準OP伊丹Sを勝って今走へ登録。後方からの決め手あり。

バスタータイプ

昨年のマーチS2着以降の近3走は5、9、6と不振。絞り切れていないのが原因か?当日の馬体重がカギ。

ピットボス

前走のマーチSは1秒5差の16着と通用せず。レパードSではグレンツェントに0秒4差と迫ってはいるが……。

マイネルクロップ

8戦して2走前のアルデバランSで2着。馬場、展開が向かないと厳しいか。

マイネルバイカ

6戦して連対なし。盛岡のマーキュリーCで3着。

マイネルバサラ

1000万下、準OP韓国馬事会杯と連勝。勢いはあるが別定戦のG3でどこまでやれるか。

ミツバ

ダートOP連勝を経て挑んだ交流G1川崎記念で4着。シリウスSではアポロケンタッキーと差のない競馬をしており、今走のメンバーのなかでは上位。

メイショウスミトモ

6戦して連対なし。

モルトベーネ

東海Sは人気薄ながら勝ち馬のグレンツェントに0秒1差と肉薄。OPのアルデバランSを勝って交流重賞の名古屋大賞典へ。地元のカツゲキキトキトに交わされ4着になったあたり、まだ少し足りないかも。

モンドクラッセ

前走の総武Sで久々の勝利。単騎でリズム良く運べればしぶといが、その分展開に注文が付く形。

ランウェイワルツ

昨年10月のブラジルC7着以来、約半年振りの実戦だけに実績も加味するとここでは狙いづらい。

リーゼントロック

OP入りした近2走は14、6着と奮わず。現状ではクラスの壁が厚い。

ロワジャルダン

10戦して連対なし。3着は3回あるが着はあってもアタマでは狙えない。

ロンドンタウン

2走前に交流重賞の佐賀記念を快勝。前走のマーチSは好位から進めるも案外。ズブさを見せたのが原因で、追って盛り返しているあたり再び川田将雅に戻るようなら改めて。

獲得賞金上位

  • グレンツェント
  • アスカノロマン
  • ミツバ
  • モンドクラッセ
  • モルトベーネ
  • ショウナンアポロン
  • ロンドンタウン
  • メイショウスミトモ
  • マイネルバイカ
  • マイネルクロップ
  • タガノエスプレッソ
  • タムロミラクル
  • ピットボス
  • ロワジャルダン
  • リーゼントロック

抽選対象馬(1/2)

  • ナムラアラシ
  • マイネルバサラ

除外対象馬

  • ランウェイワルツ
  • カゼノコ
  • グレナディアーズ
  • トップディーヴォ
  • キクノソル
  • バスタータイプ

レース展開

平均ペース

モンドクラッセがハナを叩くなら他は控える。番手以下、アスカノロマン、ミツバ、モルトベーネ、ロンドンタウンら好集団が密集。直線は抜け出した先行勢に中団で控えたグレンツェントが激しく詰め寄る。

予想の中心

  • グレンツェント
  • ロンドンタウン

今週の展望

WIN5

軸馬予想

週末展望

週中展望

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.