馳本丸の競馬批評

スピード指数を基準にあらゆるファクターを盛り込んだ競馬予想を無料で公開しています。

第49回 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)│週中展望

第49回 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)│週中展望

4/1(土)中山のメーンは11Rダービー卿チャレンジトロフィーです。18頭の特別登録がありました。

出走予定馬

ガリバルディ

中京記念を勝って以降、重賞では厚い壁。前走の大阪城Sでは終い32秒8と破格の上がり。行き脚が付かないのが難点。

キャンベルジュニア

昨年はOP昇級初戦で挑んだ本競走。結果は0秒5差の8着とクラスの洗礼を受ける。降級し1600万下で3戦し再昇級。満を持してどうか。

クラリティシチー

2走前のカシオペアSで0秒2差の2着。前走のアンドロメダSは18着といいところなし。15年に2着の経験があるが往時の勢いはなさそう。

クラレント

15戦して連対なし。内3着は2回。ここでは狙いづらい。

グランシルク

NHKマイルCで1番人気になったことも。3走前の奥多摩Sを勝ってOP入り。前々走阪神Cは7着。前走のニューイヤーCは2着。古馬重賞の壁は厚い。

グレーターロンドン

【3/30追記】本馬は回避となりました。これまで7戦して6勝2着1回とパーフェクト連対。10歳以上離れた半姉に04年のオーク馬ダイワエルシエーロがいる。血統の素地に違わず確実に勝ち上がってきた。目下の勢いでは最右翼。

コスモソーンパーク

9戦して連対なし。馬齢も9歳と上積みも見込めず。

サンライズメジャー

2走前のタンザナイトSでは上がり3ハロン33秒9の末脚を繰り出し優勝。前走の阪神カップは0秒8差9着。

シェルビー

7戦して連対なし。

シベリアンスパーブ

15年のチャレンジC3着以降は奮わず。

ショウナンアデラ

14年の2歳女王。約2年の休養を経て復帰後は16、6。復調といえるかは微妙なところ。

ショウナンバッハ

12戦して連対なし。

ダイワリベラル

前走の東風SはOP昇級8戦目にして0秒2差の2着。重賞では荷が重そう。

ダンツプリウス

16年のNZTを勝って以降は5戦して連対なし。

マイネルアウラート

近3走で1、1、4。4着だった前走の東京新聞杯は0秒4差。調子の良さでどこまで。

マルターズアポジー

おそらく大阪杯へ。テンに速くマイペースで行ければ意外にしぶとい。急坂も苦にしない。さすがの有馬記念は15着と沈んだが、G3で2勝の実力はフロックとはいえない。

ロイカバード

昨年はクラシックロードに乗れず条件戦を勝ち上がってきた。昇級初戦で挑んだ前走の東京新聞杯は0秒9差の9着。まだOPの壁は厚いか。

ロジチャリス

重賞成績は4、4、15。G3のハンデ戦ならそれなりに?

予想の中心

  • キャンベルジュニア
  • グレーターロンドン

レース展開

スローペース

ダイワリベラルがハナを叩くならマイネルアウラートは番手に控える。キャンベルジュニアは好位追走。直線は早めに抜け出した先行勢に後方待機のグレーターロンドンが激しく迫る。

今週の展望

WIN5

  • 4/2(日)の狙い馬|WIN5

軸馬予想

週末展望

週中展望

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.