孤高の競馬詩人、マカオの馬券軍師、東京競馬場の馬聖など、さまざまな異名を持つ馳本丸による無料競馬予想ブログです。

第65回 阪神大賞典(G2)│週中展望

第65回 阪神大賞典│週中展望

3/19(日)阪神のメーンは11R阪神大賞典(G2)です。10頭の特別登録がありました。

出走予定馬

ウインスペクトル

格上挑戦。

サトノダイヤモンド

昨年のグランプリホースが始動。競馬センス抜群の本馬は自ら動いて行ける強味があり鞍上の指示にも忠実。休み明け初戦とはいえメンバー的にも落とせない一戦。

シュヴァルグラン

昨年の覇者。G1では一枚足りないがG2では2、1、1と安定した成績。サトノダイヤモンドにどれだけ迫れるか。心身の充実と共に馬体増がネック。

スピリッツミノル

2走前の3000mの万葉S(OP)で3着。G2のここでは荷が重いがどこまで。

タマモベストプレイ

前走の万葉S(OP)で久々の勝利。昨年は4着とまずまずの成果。

トウシンモンステラ

13戦して連対なし。

トーセンバジル

3連勝でジャパンカップ(G1)挑戦も11着とほろ苦い結果。決め手はあるだけにG2でどこまでやれるか。

マドリードカフェ

5戦して連対なし。阪神は昨年4月の大阪-ハンブルクC(OP)で2着あり。

レーヴミストラル

長期休養明け初戦の日経新春杯は10着とひと息。終いの脚はしっかり使っており状態さえ上向けば改めて。

ワンアンドオンリー

16戦して連対なし。昨年はドバイシーマCで3着と気を吐いたが……。既にピークは過ぎて上積みの程はどうか。

予想の中心

  • サトノダイヤモンド
  • シュヴァルグラン

今週の展望

WIN5

軸馬予想

週末展望

週中展望

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.