競馬批評

趣味の競馬予想

競馬批評

京王杯スプリングカップ・G2 レース展望

f:id:AZK48:20180429092357j:plain

寒暖の差が激しくて風邪気味の今日この頃。土曜日は久しぶりに現地で楽しむ予定です。的中はともかく格好がつく予想はしたいところです。

惑星台頭の波乱系レース

日曜日のヴィクトリアマイルもそうですがわりと荒れる系のレースですね。

1番人気やや不振。連に絡まない。過去5年ですと2013年のダイワマッジョーレぐらいでしょうか。

それでも勝ち馬はひと桁人気から出たりするので、2番人気以降から狙ってみてもいいのかなと。

TARGETの指数からはどうか

近5走で補正タイム105以上をマークした馬はおりませんでした。前走のレースレベルが高い馬もおらず、TARGETからはナシナシという結果に……。

ふむふむ、難解っすね。となると、ここからはJRDBのデータが頼みの綱。

軸はIDM、展開印のW要素

IDM、展開要素のダブル+を意識。荒れる系のレースは位置取りも重要。過去の傾向から外ラインは軽視して、四隅に注意を払いながら軸馬を探っていきます。

内1番手、IDM、展開厚めのサトノアレスが面白そう。+こそ付きませんでしたが上がりマークは付与。藤沢先生肝入りのミホ牧場経由。

肝要の相手探し

もう一頭の藤沢馬、ムーンクエイクは逆に+付き。しかも激走馬。IDMこそありませんが展開印厚め。鞍上もルメールとコチラの方が色々とウワテ感。

ただ、重賞を勝つためにはもうワンパンチ必要かなと。

ならば、最内1番手を死守したセイウンコウセイ。鞍上を三浦皇成に変えてきました。魚心あれば水心。データではサトノアレスよりも評価は上に取りたい。

ただ、目標にされるポジションだけに一筋縄ではいかないかも。それでもIDM、展開印厚めで最内、テンマーク、+付きはきっと脅威。

キワキワで粘り切る感タップリ。アッサリとバテたらゴメンなさい的な。

不振と見る1番人気のやり所

10時2分現在のオッズですとグレーターロンドンがやや抜けて1番人気ですね。

内3番手IDMやや厚めの展開印なしではパンチ不足。上がりマークはありますから来てもおかしくはない。しかし位置取りや在厩仕上げである点を考慮すると印は回りませんでした。

これなら四隅大外1番手をマークした、ダンスディレクターに目があるかもしれませんね。

3連系の相手探し

四隅重視でビップライブリー、フィアーノロマーノをピックアップ。最後まで迷ったのは前述のグレーターロンドン。今回はキャンベルジュニアに軍配。

上位拮抗惑星台頭

  • ◎①サトノアレス
  • 〇⑩セイウンコウセイ
  • ▲⑤ムーンクエイク
  • ☆⑮ダンスディレクター
  • △⑭ビップライブリー
  • △⑱フィアーノロマーノ
  • △⑰キャンベルジュニア

◎〇の2頭軸ながしが基本です。いつもと志向を変えて◎▲や◎☆の2頭軸にしても面白そうです。

© 2018 Japan Racing Review