馳本丸の競馬批評

スピード指数を基準にあらゆるファクターを盛り込んだ競馬予想を無料で公開しています。

第53回 金鯱賞(G2)│週末展望

第53回 金鯱賞(G2)│週末展望

3/11(土)中京メーンは11R金鯱賞(G2)です。番組改正にともない12月から3月へ変更。新設G1大阪杯の前哨戦として位置づけられました。1着馬には優先出走権が与えられます。

本紙の決断

本命はルージュバック

ここ2戦のGIはさすがに牡馬の一線級相手ということでひと息もG2なら牡馬混合でも十分やれることは証明済みだ。

ジャパンカップ(G1)後はノーザンファーム天栄でリフレッシュ。帰厩後の中間は僚馬を並ぶ間もなく抜き去り突き放す豪快リハを披露。

休養明け初陣を勝利で飾り、念願のG1制覇へ向けて視界良好と行きたいところだ。

対抗はヤマカツエース

昨年番組変更前の金鯱賞(G2)を快勝し復調をアピール。気勢を上げて挑んだ有馬記念(G1)は直線で馬群を捌いて4着。G1級メンバー相手に大健闘した。

中間は栗東CWを池添謙一が騎乗し単走馬なりで追った。期せずして他厩舎の馬と併走した形になったが掛かることもなくスムーズにペースアップ。変則連覇へ期待のできる仕上りだ。

単穴はステファノス

勝ち味に遅いが2走前の天皇賞(秋)(G1)で3着、 香港カップ(G1)3着と今走のメンバーでは地力上位。

中間は川田将雅みずから跨りウッドコースを単走で追い切った。3コーナーでスムーズに上がっていくと直線はやや抑え気味も力強くゴールを抜けた。大阪杯(G1)へ向けて好パフォーマンスを期待したい。

本紙の印

  • ◎①ルージュバック
  • ○⑥ヤマカツエース
  • ▲⑨ステファノス
  • △②プロディガルサン
  • △⑩サトノノブレス
単勝
馬単
  • ①→②⑥⑨⑩
  • ⑥⑨→①②⑩
3連単
  • ①→②⑥⑨⑩→②⑥⑨⑩
  • ⑥⑨→①→②⑥⑨⑩

予想はKLANデータベース上でも無料で公開しています。ブログと合わせてご覧ください。

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.