孤高の競馬詩人、マカオの馬券軍師、東京競馬場の馬聖など、さまざまな異名を持つ馳本丸による無料競馬予想ブログです。

第65回 京都新聞杯(G2)│週末展望

第65回 京都新聞杯(G2)│週末展望

5/6(土)京都のメーンは11R京都新聞杯です。フルゲート16頭のところ、12頭の出走馬が確定しました。

レース展開

平均ペース

ハナを叩きたい馬が多数。ウインベラシアス、 カケルテソーロ、マイネルラプティス、ロードアルバータの4騎。平均以上の流れが妥当だろう。直線は好位から抜け出しにかかるゴールドハットにインヴィクタ、サトノクロニクルが激しく詰め寄る。

本紙の決断

兄姉へ続け◎インヴィクタ

前走の若葉Sはメンバー最速の35秒2で上がるも、2着から0秒3差の3着。距離延長は歓迎で、京都コースも好材料。母系は優秀で、シュヴァルグランやヴィブロスがいる血統。前走はノーザンファームしがらき経由。今走は在厩で調整。厩舎力ある友道厩舎で調整に抜かりなし。

ダービーの大舞台へ○サトノクロニクル

前走の水仙賞は最速の上がりで0秒1差2着。勝ったイブキは青葉賞8着。生産はノーザンファーム。セレクトセール1歳で9072万円。半兄に同レースを勝ち、ダービー2着に入ったサトノラーゼン。前走、今走とノーザンファームしがらきで調整。実績の池江厩舎。臨戦態勢。

仕上り確実▲ゴールドハット

前走の黄梅賞は輸送の影響で-10キロ。馬体重を大幅に減らしながらも0秒1差3着なら健闘の内容。父ハットトリックは香港マイル、マイルCSを勝ったチャンピオンマイラー。本馬は米国生産馬でマル外。今走は非社台系外厩の吉澤ステーブルWEST経由。中間はテンションを上げないように坂路を単走で2本。ダービー出走のためには勝利が条件。確実に仕上げてくるはずだ。

本紙の印

上位拮抗

本線は④からの馬単。対抗以下の能力は拮抗。押さえにレーティング上位の⑪。先行力ある①。NFしがらきで仕上げてきた②まで。

本紙 馬番 馬名 能力
インヴィクタ 429
サトノクロニクル 393
ゴールドハット 392
プラチナムバレット 389
カケルテソーロ 375
ダノンディスタンス 374
ミッキースワロー 363
サトノリュウガ 350
ハギノアレス 284
ウインベラシアス 267
メルヴィンカズマ 266
ユキノタイガ 222

馬単

  • ④=③
  • ④=⑥
  • ④→⑪
  • ④→①
  • ④→②
  • ③=⑥

3連単

軸2頭ながしマルチ

  • ④=③=①②⑥⑪
    • 組み合わせ数4×6=24点

今週の展望

WIN5

  • 5/7(日)の狙い馬│WIN5

軸馬予想

週末展望

週中展望

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.