孤高の競馬詩人、マカオの馬券軍師、東京競馬場の馬聖など、さまざまな異名を持つ馳本丸による無料競馬予想ブログです。

第24回 マーチステークス(G3)│週中展望

第24回 マーチステークス(G3)│週中展望

3/26(日)中山のメーンはマーチSです。22頭の特別登録がありました。

出走予定馬

アスカノロマン

6戦して連対なし。チャンピオンズC3着以降は精彩を欠いている。

アルタイル

白嶺Sは好位からしぶとく伸びてイーグルフェザーに競り勝つ。重賞はノンコノユメが勝ったユニコーンS3着が最高。

インカンテーション

4戦して連対なし。長期療養明け以降は精彩を欠く。中山は着外2回といまひとつ。

キクノソル

5戦して連対なし。昨年の同レースは10着だった。

コクスイセン

昇級初戦の仁川Sは3番人気も8着に沈む。

コスモカナディアン

川崎記念3着後に挑んだ仁川Sでは0秒1差の2着。直近4走の成績は安定しておりG3のここでも大崩なし?

サングラス

前走の上総S(1600万)はダートへ転向して初勝利。中山は合いそうだが重賞の今回で通用するかはやや疑問。

ショウナンアポロン

5戦して連対なし。ただ、昨年このレースを勝っているだけにハンデ次第では一考の余地も。

シルクドリーマー

ダート初出走。

ストロングサウザー

近走は交流競走で競馬。中山のダート1800mは得意の舞台だが15年出走時は13着と苦い結果。

センチュリオン

直近の2走はオープンで差のない2、3。5勝すべて中山のダート1800mで挙げており舞台設定は◎。

ディアデルレイ

昇級初戦の総武Sは0秒1差の5着とまずまずの結果。ハンデ次第でどうか。

ディアドムス

昇級初戦の総武Sは1秒差の11着。ディアデルデイと比べて強調味に欠ける。

トップディーヴォ

1600万クラスへ降級し前走の北山Sで再びOP入り。G3は2回挑戦して着外2回。

ハッピースプリント

大井所属。3走前の浦和記念で3着があるが全盛期と比べると衰えも……。

バスタータイプ

昨年2着。ここ3走は精彩を欠いている。中山ダートは3勝2着2回の好舞台。立て直してどうか。

ピットボス

昇級初戦のポルックスSは1番人気も6着と苦い結果。

マイネルクロップ

15年の覇者。前走のアルデバランSで久々に連対。重馬場が向いたか。

メイショウコロンボ

交流競走を4戦して前走はファイナルS。10着と見せ場なく敗退。

メイショウスミトモ

5戦して連対なし。OPクラスで4、4と復調の兆しは窺えるが……。

リーゼントロック

OP入りし挑んだ前走の総武Sは14着。重賞となると家賃が高いか。

ロンドンタウン

不良馬場の佐賀記念は大楽勝。ただ中央での実績はあくまで1600万を勝ったばかりということ。ハンデ次第だが過度に人気となるなら危険視も。

予想の中心

  • コスモカナディアン
  • センチュリオン

今週の展望

WIN5

軸馬予想

週末展望

週中展望

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.