競馬批評

単勝、馬単、3連単を追究する競馬予想ブログです。

第34回 マイルチャンピオンシップ(G1)|週末展望

第34回 マイルチャンピオンシップ(G1)|週末展望

11/19(日)京都のメーンは11RマイルCSです。フルゲート18頭の出走馬が確定しました。

本紙の決断

惑星注意

本紙 馬番 馬名
マルターズアポジー
イスラボニータ
サトノアラジン
エアスピネル
レッドファルクス
ダノンメジャー
ガリバルディ

◎マルターズアポジーの逃げ切りに期待する。2走前の関屋記念は好スタートから影を踏まさぬ逃走劇。昨夏からメキメキ頭角を現し今が正に最盛期といっていいだろう。テンから飛ばし、下り坂で再加速、直線は2枚腰、ゴール板を1着で駆け抜ける。

相手筆頭は一昨年3着、昨年2着と、マイルCSの常連となった〇イスラボニータ。前走の富士Sは0秒3差2着も上り時計は勝ち馬よりも上。ハンデも鑑みれば役者が違う。3度目の正直でキッチリ決める算段だ。

人気急落の▲サトノアラジンは単穴で警戒。極限の不良馬場だった秋天は18着と大敗。幸いダメージはなく、中間の稽古は抜群だった。馬場が稍重まで回復すれば<1-1-1-0>と十分手は回る。一矢報いて春秋連覇だ。

買い目

3連単軸2頭ながしマルチ

相手 点数
⑧⑫ ⑤⑥⑦⑪⑭ 30

⑪エアスピネルは前走で見せた道悪適正に利。陣営もR.ムーアを配し必勝ムード。⑦レッドファルクスは距離懸念も安田記念3着なら十分守備範囲。⑥ダノンメジャーは2勝2着2回の京都コースは舞台設定◎渋場馬も苦にしない。⑭ガリバルディは昨年7着も勝ち馬から0秒4差。渋馬場も前走である程度メド。展開次第で。

競馬批評
©2017 競馬批評