単勝・馬単・3連単で勝負する無料競馬予想ブログです。秋競馬まで休養中……。

第47回 高松宮記念(G1)|週末展望

第47回 高松宮記念(G1)|週末展望

3/26(日)中京のメーンは11R高松宮記念です。スペシャリスト不在の古馬スプリント路線だけにあって牡馬、牝馬問わず人気を集め混戦ムード漂う一戦です。

本紙の決断

父仔制覇へ!◎シュウジ

前走の阪急杯はイレ込みがキツく、前に壁を置けず力んだまま走って4角一杯。プラス8キロの体重増も影響したか。ただ、1度叩いたことでいいガス抜きとなっただろう。これで落ち着きを取り戻せば上積みの点では好材料だ。できれば2走前の阪神カップのように馬混みで運びたい。

距離短縮はプラス。スプリンターズSでは勝ち馬レッドファルクスに0秒1差の4着。父仔制覇へ向けて視界は良好だ。

中京巧者○レッドファルクス

前走の香港スプリント後は外厩のミホ分場でリフレッシュ。その後に社台ファーム山元トレセンで乗り込んで帰厩した。中間も終い重点に乗り込み臨戦態勢。芝ダート兼用のオールラウンダーながら切れのある差し脚が身上だ。中京は4勝2着1回で連対率100%と相性バツグン。立て直した効果が見込めれば十分争覇圏内だ。

本格化の兆し▲ソルヴェイグ

前走のシルクロードSはプラス18キロと大幅増にて出走。果敢にハナを切っていくも最後は一杯。0秒5差の6着だった。レース後はグリーンウッドでリフレッシュし帰厩した。

中間は破格のリハを披露。軽快に登坂し終い11秒5。体重増にも関わらず攻められるということは本格化の兆し。左回りの経験はないが、スプリンターズSでタイム差なし3着の実績を鑑みれば、混戦といわれるなかだけにあって上位争いに食い込める素地は十分ある。

本紙の印

  • ◎⑨シュウジ
  • ○⑦レッドファルクス 
  • ▲⑬ソルヴェイグ
  • △③レッツゴードンキ
  • △④ラインスピリット
  • △⑪スノードラゴン

本命はシュウジ。相手筆頭はレッドファルクスとソルヴェイグ。大本線は⑨から⑦⑬の馬単、3連単。混戦なだけに折り返しも必要だろう。

連下筆頭は完全復調といっていいレッツゴードンキ。ただし距離は忙しい気も。以下、ラインスピリットは58キロを背負った淀短距離Sでセイウンコウセイと差のない競馬。スノードラゴンはさすがに9歳と上積みは疑問も前走で0秒4差なら気持ちは負けていない。

今週の展望

WIN5

軸馬予想

週末展望

週中展望

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.