孤高の競馬詩人、マカオの馬券軍師、東京競馬場の馬聖など、さまざまな異名を持つ馳本丸による無料競馬予想ブログです。

第19回 中山グランドジャンプ(J・G1)│週中展望

第19回 中山グランドジャンプ(J・G1)│週中展望

4/15(土)中山のメーンは中山グランドジャンプです。フルゲート16頭のところ、13頭の特別登録がありました。

出走予定馬

アイティテイオー

障害オープン特別で4、9、7。終いの脚は堅実だが一気の相手強化でどこまで通用するか。

アップトゥデイト

15年の覇者。好位に取り付く脚もあり飛越も巧み。近3走で2、2、2と安定感あり。オジュウチョウサンとの位置取りがキーになりそう。

ウインヤード

東京ジャンプS2着、清秋ジャンプS勝ちと一定の力はあるが一線級が集まるこの舞台でどこまで食い込めるか。

オジュウチョウサン

昨年の覇者。暮れには中山大障害も勝って春秋連覇達成。目下、5連勝と負けなしのチャンピオンホース。アクシデントがなければ順当に勝ち負けか。

クリノダイコクテン

牛若丸ジャンプS勝ち。重賞では前走の阪神スプリングJの5着が最高成績。

サンレイデューク

中山大障害4着、阪神スプリングJ4着と9歳ながら上々の成績。

タイセイドリーム

前走の阪神スプリングJは3着。J・G1は初挑戦。1600万下の条件馬だっただけに平地の脚でどこまで食い込めるか。

ティリアンパープル

13戦して連対なし。3着1回。

トーセンハナミズキ

障害オープン2着が精一杯。

メイショウヒデタダ

前走のペガサスジャンプSを大楽勝。障害転向前は1600万下の条件馬。平地の脚もあるが相手強化の今走でどこまで。

ラステラ

障害オープン2連勝、やや重の三木ホースランドJSで3着。父はサッカーボーイ。

ルペールノエル

障害オープン1着、秋陽ジャンプS2着を経て、中山大障害3着と健闘。前走、叩き台の障害オープンを勝って再び勢いに乗る。

ワンダフルワールド

前走のペガサスジャンプSは4着。昨年は5着と舞台設定はまずまず。

レース展開

平均ペース

メイショウヒデタダ、ラステラの2騎がハナを主張。人気の一角は好位集団を形成。最終障害へ向けてアップトゥデイト、オジュウチョウサンが早々とスパートをかける。崩れた先団を後続集団がどこまで迫れるかが焦点。

予想の中心

  • アップトゥデイト
  • オジュウチョウサン

今週の展望

WIN5

軸馬予想

週末展望

週中展望

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.