競馬ATMC東京

週末メーンレース展望

第22回 プロキオンステークス(G3)|週中展望

第22回 プロキオンステークス(G3)|週中展望

7/9(日)中京のメーンは11RプロキオンSです。フルゲート16頭のところ、地方馬2頭を含む19頭の特別登録がありました。

出走予定馬

アキトクレッセント

2走前の鎌倉Sで準OP勝ち。昇級初戦だった前走も欅Sは、好位からしぶとく抜け出すも、最後は勝ち馬エイシンバッケンの決め手に屈した。0秒3差2着ならOPにはメド。やや渋った馬場なら残り目も。白老ファーム生産。 2012年セレクトセール当歳にて3,045万円で落札。

イーデンホール

2走前の高瀬川Sで準OP勝ち。昇級初戦となった栗東Sは、後半3ハロン35秒2とメンバー最速で上がってくるも0秒4差の3着だった。再度、決め手を生かしてどこまで。追分ファーム生産。G1サラブレッドクラブ募集馬。1口60万円。総額2,400万円。全40口。

ウォータールルド

前走のコーラルSハ行で出走取消。今期は2戦して3着1回。馬齢も9歳と大きな上積みは期待できず。

エイシンバッケン

2走前のフェブラリーSは、勝ち馬ゴールドドリームから0秒4差4着。後半3ハロンはメンバー中2番目だった。前走の欅Sは、いつも通りの後方待機策。仕掛けられば殿一気のごぼう抜きを披露。2着のアキトクレッセントを2馬身ちぎった。もちろん上がりタイムはメンバー最速。ここでも上位争い必至だ。

カフジテイク

3走前の根岸Sは、殿一気で前を行く馬たちを一蹴。決め手は3着だったエイシンバッケンよりも上だった。フェブラリーSは、これまでの主戦だった津村明秀の手に戻り、自身の形=殿一気で攻めたが、勝ち馬ゴールドドリームから0秒1差及ばず3着。ここでも、エイシンバッケンを退けている。前走は再び福永祐一に戻り、ゴドルフィンマイルへ挑戦。結果は13頭立ての5着だった。能力は上位だが、遠征の疲労が抜けているかどうか。

キクノストーム

今期初戦のOP天保山Sは13頭立て13着と大敗。ローテは昨年と一緒(プロキオンS=9着)。

キングズガード

2走前は高崎の交流重賞でG3黒船賞。勝ち馬ブラゾンドゥリスから0秒2差2着だった。前走のOP天保山Sは後方一気の脚で追い込むも2着まで。同脚質のライバルがいるなかで決め手をどう生かせるかがポイント。昨年3着に入った舞台だけにコース適正は◎。

コパノジョージ

園田から再転厩。

コパノチャーリー

2走前の準OP桃山Sは6番人気ながら逃げ切った。後半3ハロン37秒3もメンバー中2番目と脚取りもシッカリ。気勢を上げて挑んだ前走の平安Sは、さすがに家賃が高かったか16着と通用せず。まずはOPにメドを立ててからだろう。半兄にフェブラリーS連覇のコパノリッキー。

コンサートドーレ

格上挑戦(500万下)。

ゴーインググレート

2走前の準OPシドニーTは12番人気の低評価ながら、中団から伸びて2着キャプテンシップの追撃を振り切った。昇級初戦となった前走のOP天保山Sは9着と振るわず。OPの壁。

チャーリーブレイヴ

今期は2戦消化。前走のOPアハルテケSは、10番人気の低評価ながら3着入線。マイペースの好位なら追ってしぶとい。OPは通用も重賞では少々分が悪い。

トウケイタイガー

兵庫県競馬組合(園田)。目下3連勝中で、2走前の交流重賞G3かきつばた記念を勝ちJRA勢を撃破。転厩当時は1000万下クラス。相手強化のなかで試金石の1戦。

ナンチンノン

今期はコンスタントに使われ5戦消化。前走のOP天王山Sは好位から展開も失速し8着。重賞では力量不足か。父パレーディングはエーピーインディ系プルピットの直仔で米G2とG3を1勝。

ブライトライン

3走前のOP夢見月Sで2着。前々走は大井の交流G3東京スプリントで2着に入った。休み明けの前走はOPアハルテケS。好位から展開するも最後は失速。10着に沈んだ。手の内に入れている川田将雅とのコンビなら狙い目も。

ベストマッチョ

前走の準OP麦秋S勝利でOP再昇格。素質の高さは窺えるが現状は明くまでもOPにメド。過度な期待は注意が必要。

マヤノオントロジー

愛知県競馬組合(名古屋)。名古屋へ移籍して目下3連勝。移籍前は1600万クラス。

メイショウウタゲ

前走のOPアハルテケSは8番人気ながら優勝。好位から展開し仕舞いの脚もメンバー中3番目とシッカリ。4走前の東海Sも0秒2差3着と決め手を生かした競馬を披露しており、人気薄なら妙味あり。

レヴァンテライオン

函館2歳S(G3)勝ちも、以降は見せ場なし。2走前はダートで新味をねらったが8着。前走の函館SSも好位に取り付いたが見所なく8着敗退。一本調子なスピード馬で平坦コース向き。父のパイオニアオブザナイルはミスプロ系エンパイアメーカー直仔。

レース展開

平均ペース

コパノチャーリーが何が何でもというのなら、アキトクレッセントは控えてもいい。ベストマッチョは好位の一角。融通のきくメイショウウタゲは出たところで折り合う。エイシンバッケン、カフジテイク、キングズガードは後方待機。けん制しあうなら、前残りに注意が必要だ。

Copyright © 1996 - 2017 KEIBA ATMC TOKYO All rights reserved.