単勝・馬単・3連単で勝負する無料競馬予想ブログです。秋競馬まで休養中……。

第66回 ラジオNIKKEI賞(G3)|週中展望

第66回 ラジオNIKKEI賞(G3)|週中展望

7/2(日)福島のメーンは11RラジオNIKKEI賞です。フルゲート16頭のところ、14頭の特別登録がありました。

ウインガナドル

格上挑戦(1000万下)。前走は東京二千の夏木立賞。発馬から先頭に立つと、2着とタイム差こそないが、そのまま逃げ切った。仕舞いもシッカリまとめており内容は上々。

エスティーム

格上挑戦(500万下)。勝ち味に遅く9戦目にして未勝利を脱出。ただ、大崩れしたのは4走前の13着だけ。好位に取り付く脚もあり、前目で運べばしぶとく残る。

クリアザトラック

新馬勝ちから挑んだ朝日杯FSは3番人気に推されるも0秒8差7着。500万下を勝って毎日杯に行くも、0秒8差6着となりダービーは出られず。改めて自己条件へ向かうと、斤量差こそあるが古馬混合の江の島特別を快勝。仕舞い33秒台の脚に加え、ストーミーシー(牡4歳)抜き返す根性も見せた。最後は流す余裕もあり、ここなら上位争い必至だ。ノーザンファーム生産。全兄カミノタサハラはG2弥生賞勝ち。

ランドボヌール

格上挑戦(500万下)。2走前に小倉千八で未勝利勝ち。能力不足は否めない。

サトノクロニクル

3走前の水仙賞は最速の上がりで0秒1差2着。勝ったイブキは青葉賞8着。格上挑戦の京都新聞杯は好位から難なく進出も、勝ち馬プラチナムバレットの決め手に屈した。前走はOPの白百合S。好位からしぶとく伸びて、クリノヤマトノオーをハナ差かわし1着。生産はノーザンファーム。2015年セレクトセール1歳にて9,072万円で落札。半兄に京都新聞杯勝ち、ダービー2着のサトノラーゼン。

セダブリランテス

格上挑戦(1000万下)。中山ダート千八で新馬を勝ち、新潟芝千八の早苗賞を勝って500万を突破。目下連勝中の芝、ダート兼用馬。後半3ハロン33秒6を繰り出している。スローの瞬発力勝負なら。白老ファーム生産。シルクホースクラブ募集馬。1口5万円。総額2,500万円。全500口。馬名はスペイン語で鮮やかに輝くシルクの意。

ニシノアップルパイ

格上挑戦(1000万下)。2走前に中山千六で500万勝ち。前走は東京二千のプリンシパルSで、番手から果敢に攻めるも勝ち馬から0秒6差5着。タイムは1分58秒9と優秀。距離短縮は好材料と見る。

ハムレット

格上挑戦(500万下)。3走前の京都千六で未勝利勝ち。500万条件は2戦して勝ち上がれず。血統構成は良好だが、本格化はまだ先のようだ。ノーザンファーム生産。グリーンファーム愛馬会募集馬。1口7万円。総額1,400万円。全200口。叔父はダービー馬のフサイチコンコルド。

バルベーラ

格上挑戦(1000万下)。8戦目で未勝利脱出。前走の京都、不良馬場の千六で500万を勝ち上がった。母系はマックスビューティの系譜。ディープインパクトを内包しながら、父系にも名牝エアグルーヴの血を引くなどスケールは大きい。

ビービーガウディ

格上挑戦(1000万下)。芝、ダート兼用。勝ち味に遅く使われながら良化。5戦目で500万を勝ち上がった。馬場が渋れば狙い目も。母エルフィンフェザーの半姉にオークス馬のエアグルーヴ。

マイネルスフェーン

京成杯は勝ち馬コマノインパルスから0秒1差の3着。直線ではほとんど進路をなくしている点からも内容は上々だった。近2走はチグハグな競馬が続き凡走。距離短縮と立て直した効果で改めて。

マイブルーヘブン

格上挑戦(500万下)。3走前の山吹賞で勝ち馬とタイム差なしの2着。前々走、前走と500万で勝ちあがれず。クラスの壁。

ライジングリーズン

2走前のアネモネSは、大外まくり一閃で快勝。前走の桜花賞は不発。勝ち馬から0秒7差8着と後方のままで沈んだ。小回りの中山で良績。ハンデ、追い込み一辺倒を鑑みると狙いづらさも。

ロードリベラル

格上挑戦(1000万下)。2歳時に未勝利、きんもくせい特別(500万)と連勝。前走の江の島特別は好位から運ぶも9着と、勝ち馬のクリアザトラックに完敗。叩いた上積みでどこまで。

レース展開

平均ペース

逃げて2勝のウインガナドルが先頭に。ニシノアップルパイは控えて番手。先団ひと塊でのなか好位からクリアザトラックとセダブリランテス。後方待機のサトノクロニクル、ライジングリーズンは4角でスパートして直線勝負へ。

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.