競馬ATMC東京

週末メーンレース展望

2017年セレクトセール1歳についての随想

f:id:AZK48:20170329132641j:plain

7/10(月)苫小牧・ノーザンホースパークにて、2017年セレクトセール サラブレッド1歳が行われました。

注目を集めるのは、血統もさることながらその購買価格です。1億円を超えた1歳馬15頭をピックアップしてみました。このなかに未来のG1ホースがいるかもしれませんね。

1歳馬1億円超ホースリスト

上場馬名 性別 毛色 父名 母名 販売者 購買価格 購買者
リッスンの2016 鹿 ディープインパクト リッスン ノーザンファーム 27,000 里見治
シルヴァースカヤの2016 青鹿 ディープインパクト シルヴァースカヤ ノーザンファーム 26,000 (株)キーファーズ
サミターの2016 鹿 ディープインパクト サミター ノーザンファーム 25,000 (株)ダノックス
シャンパンドーロの2016 青鹿 ディープインパクト シャンパンドーロ 社台ファーム 19,500 (株)インゼル
ガールオンファイアの2016 キングカメハメハ ガールオンファイア (有)ノーザンレーシング 18,000 小笹芳央
キングスローズの2016 黒鹿 ロードカナロア キングスローズ (有)ノーザンレーシング 18,000 (株)NICKS
ラヴズオンリーミーの2016 めす 鹿 ディープインパクト ラヴズオンリーミー ノーザンファーム 16,000 (株)DMM.com
ヘアキティーの2016 めす 黒鹿 ディープインパク ヘアキティー (有)ノーザンレーシング 15,500 里見治
メイキアシーの2016 鹿 ディープインパクト メイキアシー 社台ファーム 14,500 廣崎利洋HD(株)
パレスルーマーの2016 黒鹿 ハーツクライ パレスルーマー (有)ノーザンレーシング 13,500 (株)ダノックス
バランセラの2016 鹿 ハーツクライ バランセラ (有)ノーザンレーシング 13,500 小笹芳央
ラストグルーヴの2016 鹿 キングカメハメハ ラストグルーヴ スクーデリア 12,500 鬼塚義臣
レツィーナの2016 黒鹿 ハーツクライ レツィーナ (有)ノーザンレーシング 11,000 嶋田賢
ミスセレンディピティの2016 めす キングカメハメハ ミスセレンディピティ (有)ノーザンレーシング 10,500 野田みづき
フリーティングスピリットの2016 鹿 ディープインパクト フリーティングスピリット(有) ノーザンレーシング 10000 野田みづき

短評

リッスンの2016

里見治氏が2億7000万円で落札。2012年生まれの全姉にローズSを勝ったタッチングスピーチがいる良血です。2014年生まれの全兄にムーヴザワールド。ダービー2着のスワーヴリチャードと肉薄するなど、素質の高さを見せていました。順調に育成され、牡馬クラシック戦線を賑わせる存在となるでしょうか。注目が高まります。

シルヴァースカヤの2016

母から重賞ウィナーは出ていませんが、2013年生まれの全兄シルバーステートが4連勝し、OPへ一気に駆け上がりました。兄が勢いに乗っての本馬上場だけに注目度は抜群でしたね。キーファーズが2億6000万円で落札。1年下の全兄ヘンリーバローズは今年デビュー。

サミターの2016

昨年1つ下の全弟も上場予定だったようですが、欠場してしまった経緯があります。血統構成はミッキーアイルと同じく、ディープインパクト×ロックオブジブラルタル。スプリントからマイルまで爽快に駆け抜けるスピードのある馬となるでしょうか。楽しみですね。本馬はダノンの冠名でおなじみのダノックス(野田順弘氏=みづき氏の夫)が2億5000万円で落札しました。

シャンパンドーロの2016

2014年生まれのTapitを父に持つ半兄フォギーナイトはセレクトセールで2億4840万円で取引。1つ上の全兄カザンも2億5380円で取引されるなど、その良血ぶりが窺えます。まだ実績に結びついていませんが、本馬も兄同様に期待値が高く、1億9500万円でインゼルに購買されました。シルヴァースカヤの2016を購買した、キーファーズ松島氏の会社ということで鬼気迫る勢いを感じます。

ガールオンファイアの2016

母からまだ目立つ産駒は出ていませんが、血統はさすがの1億円超ホース。母系は言わずもがな、ウインドインハーヘアから連なるディープインパクトの血筋。ここにキングカメハメハを迎え、クラシック制覇・ダービー制覇を目論見ます。購買者はバランセラの2016も落札した、ホウオウの冠名を持つ小笹芳央氏。1億8000万円で落札です。

キングスローズの2016

2014年生まれの半兄サトノアーサーを持つ良血です。父がロードカナロアに変わって、よりスピードを主張する血統となりました。1億8000万円落札したのは、スワーヴの冠名でおなじみのNICKSです。里見氏は短距離指向の血統を嫌っての敬遠でしょうか。

ラヴズオンリーミーの2016

2012年生まれの全兄リアルスティールが大活躍。2013年生まれの全兄プロディガルサンも重賞級の器です。血統からは当然の如く、クラシック制覇・重賞制覇が意識されることでしょう。DMM.comが1億6000万円で落札。全10000口のクラブ募集馬となるようで、血統もさることながら話題性もある1頭です。

ヘアキティーの2016

母はストームキャット系で、米ダート7ハロンのG1を勝った馬です。ディープインパクト×ストームキャットのニックスは、ダービー馬キズナを始め、多くのG1馬を排出しています。牝馬では、アユサンやラキシスなども出ており、順調ならクラシック制覇も期待できそうですね。1億5500万円にて里見氏が落札しました。

メイキアシーの2016

2012年生まれの半兄にOP馬ブラヴィッシモがいます。まだ母の産駒に目立った活躍馬はおりませんが、1つ上の全兄エストスペリオルもデビューを控えており、活躍次第では本馬の評価もグンと高くなることでしょう。廣崎利洋HDが1億4500万円で落札しました。

パレスルーマーの2016

2010年生まれの半兄パレスマリス(カーリン)は米G1ベルモントS勝ち。本国の半兄ジェニシス(マインシャフト)はデビュー戦で勝利するも、長期休養中のようです。ダート指向の強い母系ですが、本馬は父がハーツクライに変わり、どのような活躍を見せるのでしょうか。ダノックスが1億3500万円で落札しました。

バランセラの2016

2013年生まれの半姉にビッシュがいる血統です。父はハーツクライに変わりました。母系はアカテナンゴを内包するドイツの重厚な血脈。牡馬クラシックロードに乗ったのなら、目指すはダービー制覇でしょう。ホウオウの冠名で躍進目立つ小笹芳央氏が1億3500万円で落札しました。

ラストグルーヴの2016

母ラストグルーヴはディープインパクト×エアグルーヴという、夢のような血統を具現化した馬です。3億7800万円で落札されましたが、新馬戦を勝ったのみで引退してしまいました。父にキングカメハメハを迎えた本馬を、東京サラブレッドクラブのアドバイザーである鬼塚氏が1億2500万円で落札しました。

体質の弱さが出なければ、母からはG1馬が出てもおかしくない血統です。なお、1つ上の全兄リシュブールが今年デビュー予定となっています。

レツィーナの2016

2012年生まれの全兄に3勝馬ヴェラヴァルスター(1000万下)がいます。兄姉たちは漏れずに勝ち上がっており、堅実な血統ともいえます。1つ上の 半兄ハーベストムーン(マンハッタンカフェ)は今年デビュー予定。活躍次第では本馬の評価もさらに高まるでしょう。購買者はディーマジェスティで皐月賞を制した嶋田賢氏。落札額は1億1000円でした。

ミスセレンディピティの2016

母のミスセレンディピティはサンタアニタの芝9ハロン・ゲイムリーSを勝ったG1馬です。母父はフォルティノ系のノットフォーセール。アルゼンチンのG1馬です。母系にはバブルカンパニーの名もありますね。ミッキーの冠名でおなじみの野田みづき氏が1億500万円で落札しました。

フリーティングスピリットの2016

母は英G1ジュライカップ勝ちの快速馬です。本国ではまだ活躍馬は出ておりませんが、1つ上の全兄マイティスピリットがデビューを控えています。距離は2000mぐらいまでが守備範囲でしょうか。活躍を祈ります。ミスセレンディピティの2016に続き、野田みづき氏が1億円で落札しました。

Copyright © 1996 - 2017 KEIBA ATMC TOKYO All rights reserved.