孤高の競馬詩人、マカオの馬券軍師、東京競馬場の馬聖など、さまざまな異名を持つ馳本丸による無料競馬予想ブログです。

第53回 七夕賞(G3)|週中展望

第53回 七夕賞(G3)|週中展望

7/9(日)福島のメーンは11R七夕賞です。フルゲート16頭のところ、14頭の特別登録がありました。

出走予定馬

ウインインスパイア

今期は重賞含む4戦消化も結果出ず。

サトノスティング

3走前に館山特別を勝って準OP昇格。1600万は2戦して5、6。準OPの壁。社台ファーム生産。セレクトセール1歳にて3,990万円で落札。

スズカデヴィアス

目下重賞を3走して3、11(G1大阪杯)、4とまずまず。決め手を生かす競馬で。

ゼーヴィント

今期はAJCCを使って0秒1差2着。勝ったタンタアレグリアとは後半の脚は同じ。ノーザンファーム生産。シルクホースクラブ募集馬。1口10万円。総額5,000万円。全500口。

ソールインパクト

今期は6戦消化とコンスタントに使われ、前走の芦ノ湖特別を勝って準OP昇格。着実に力は付けているが、勝ち味に遅い点がどうか。53キロは頃合の良いハンデ。立ち回り次第で浮上も。2歳時はCBC賞勝ちのシャイニングレイと肉薄。白老ファーム生産。

タツゴウゲキ

8日の阿武隈S(1600万下)と両にらみ。前走は準OP垂水Sで0秒2差3着。福島は2勝の得意コース。

バーディーイーグル

今期は4戦して5着が精一杯。

パドルウィール

今期は4戦してOP都大路S4着が精一杯。スローの上がり勝負なら目も。

フェイマスエンド

2走前のOPカシオペアSで0秒3差4着。前走のG3チャレンジCは13着敗退。OPの壁。

フェルメッツァ

前走の福島民報杯は8番人気ながら0秒1差2着。指数も上々。好位から折り合いを付けて。白老ファーム生産。キャロットクラブ募集馬。1口14万円。総額5,600万円。全400口。

マイネルフロスト

目下重賞で2戦して2、3。特に2走前のG3新潟大賞典はタイム差なしの2着に入り高い指数を示す。

マルターズアポジー

ハンデ頭57.5キロ。近2走重賞を使って高指数。テンに速く単騎で行ってしぶとい。G1となると厳しいが、ハンデ戦のG3、平坦コースと条件が揃えば軽視は禁物。

メイショウカドマツ

前走の目黒記念は18頭立て18着。ここでは強調味に欠ける。

ヴォージュ

前走のジューンSは重賞でも通用しているプロディガルサンを半馬身抑え優勝。ハンデも55キロと手頃。

レース展開

ハイペース

マルターズアポジーとメイショウカドマツの2騎がやり合うならハイペースは必至。好位からゼーヴィント、ヴォージュ、マイネルフロストと続く。スズカデヴィアス、ソールインパクトは中団から進出し、直線はハンデ戦らしく横一線の攻防。

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.