孤高の競馬詩人、マカオの馬券軍師、東京競馬場の馬聖など、さまざまな異名を持つ馳本丸による無料競馬予想ブログです。

第58回 宝塚記念(G1)|週末展望

第58回 宝塚記念(G1)|週末展望

6/25(日)阪神のメーンは11R宝塚記念です。フルゲート18頭のところ、11頭の出走馬が確定しました。

本紙の決断

連軸不動

本紙 馬番 馬名
キタサンブラック
シャケトラ
サトノクラウン
シュヴァルグラン
ミッキークイーン
ミッキーロケット

春古馬3冠へ向けて視界良好の⑩キタサンブラックが堂々本命だ。目下5戦して連対率100%。今年緒戦の大阪杯、前走の天皇賞(春)と、G1を危なげなく勝ってきた。レース後は短期放牧でリフレッシュしつつ乗り込み十分で帰厩。そこから更に”鍛えて馬を強くする”清水師によるハードトレーニング。高負荷を掛け鉄砲でも力を出せる仕上がりだ。完膚なきまでに叩き潰す覚悟を持つ”横綱”がそこにいる。

もし、キタサンBの勝利を拒む者がいるとすれば、それは対抗に指名した⑥シャケトラだろう。前走の天皇賞(春)では出負けからリズムを崩し折り合いを欠いた。一気の相手強化、G1の重圧……これらの経験はさらに精神的な糧として身になったはずだ。今走は短期放牧で立て直しを図り、乗り込み十分の臨戦態勢。3戦3勝”俺の庭”阪神コースに加え、鞍上にC.ルメールを配し陣営も士気が高まっていることだろう。まだ幼さも垣間見えるが、返せば伸び代が十分にあるということ。大金星を取って美酒に酔う。

もう1頭、”横綱”を負かすことができる者を挙げるとすれば⑪サトノクラウンはどうか。前走の大阪杯は馬体重のロスが響いたか0秒4差6着と完敗。ここで春天を使わず放牧に出し、立て直してきたとなれば陣営の本気度が窺える。タフな香港のG1を取ってきたことを鑑みても見直す手は十分あるはずだ。鞍上には勝負強いM.デムーロ。キタサンBが春古馬3冠の座に着くことを、指くわえて見ているはずがない。

馬単
⑩=⑥
⑩=⑪
⑩→⑤
⑩→⑧
⑩→①
⑥=⑪

今週の展望

軸馬予想

週末展望

  • 6/25(日)第58回 宝塚記念(G1)|週末展望

週中展望

Copyright © 1996 - 2017 競馬批評 All rights reserved.