競馬批評

単勝、馬単、3連単を追究する競馬予想ブログです。

第22回 ユニコーンステークス(G3)│週中展望

第22回 ユニコーンステークス(G3)│週中展望

6/18(日)東京のメーンは11RユニコーンSです。フルゲート16頭のところ、24頭の特別登録がありました。

出走予定馬

アディラート

2走前にヒヤシンスS2着。勝ったエピカリスから0秒1差。共にUAEダービー挑戦もこちらは12着。ジックリ乗り込んだ効果で立て直しなるか。

アンティノウス

未勝利、500万と連勝中。目下2走の後半3ハロンは2番目と、好位から運んで瞬発力を生かすレースが身上だ。ノーザンファーム生産。サンデーサラブレッドクラブ募集馬。1口90万円。総額3,600万円。全40口。

ウォーターマーズ

3戦目で500万を勝つと前走の鳳雛Sは勝ったローズプリンスダムからタイム差なし3着。後半3ハロンの脚は1番速く地力は上位と見る。

ウラガーノ

2走前の阪神ダート千四で500万勝ち。前走の端午Sは2番人気に推されるも、勝ったマイネルバールマンから1秒1離される14着。

サンオークランド

前走は京都ダート千八を8番人気の低評価を一蹴し勝ち上がった。後半3ハロンもメンバー中2番目と脚勢もシッカリ。

サンチェサピーク

前走の青竜Sは勝ったサンライズソアから0秒5差4着。家賃は高いが重馬場ならチャンスも?

サンライズソア

芝、ダート兼用も前走のダートOP青竜Sを快勝。好位から抜け出し2着ハルクンノテソーロを1馬身1/4突き放した。重馬場の脚抜きのいいダートではあったが、仕舞いもシッカリ伸びておりここでも地力は高い。

サンライズノヴァ

伏竜S、鳳雛とダートOP戦を使って2、4。一枚足りないものの展開次第では浮上も。

サヴィ

京都ダート千四で新馬、500万と連勝。共に重馬場だった。初コース、初遠征、1ハロン延長と懸念材料あり。

シゲルコング

G1全日本2歳優駿で勝ったリエノテソーロから0秒6差2着。以降4戦して連対なし。中央場所OPでの実績に欠けるが底力はある。

シゲルベンガルトラ

既に13戦消化と使い減りしないタフなタイプ。近4走は中央ダートOPで3、4、3、3と掲示板以上の成績。2走前の端午Sでは出負けするも、仕舞い最速で追い込んできており脚質の自在性に富む。

タガノカトレア

新馬、500万と連勝しFレビュー挑戦。4番人気に推されるも、勝ったカラクレナイから大きく離される14着。改めてダートに戻った前走の端午Sは1番人気と注目されるが、勝ったマイネルバールマンから0秒7差12着。いい頃の調子が戻らないか……。

テイエムアンムート

前走は京都ダート千八500万を好位から抜け出し、2着キクノルアを1馬身半突き放す快勝。仕舞いもシッカリ伸びている。初コースでどこまで。

テイエムヒッタマゲ

芝、ダート兼用。佐賀の特別戦たんぽぽ賞(500万)、昇竜Sと連勝。さすがに前走の毎日杯は厳しかったか、アルアインから5秒以上離された8着(最下位)だった。展開の助けも必要だろうがマイペースで行ければしぶとい。

トラネコ

未勝利勝ちから3戦目で500万勝ち。近2走で後半3ハロン1番手となっており瞬発力あり。東京ダート千六は前走で攻略済み。

トロピカルスパート

2走前に10番人気で500万勝ち。気勢を上げてOP青竜Sヘ挑むもサンライズソアから1秒差の9着。

ハルクンノテソーロ

目下東京ダートで3、1、2。前走の青竜Sは勝ち馬サンライズソアから0秒2差2着。近3走は後半3ハロンも2、2、1番手と仕舞い伸びており、瞬発力のあるところを見せている。

バンケットスクエア

未勝利、500万と連勝。強調味に欠けるが好位に取り付く競馬は好印象。懸念は1ハロンの延長。父のベラミーロードはダンジグ系チーフズクラウンを経由コンチェルトの直仔。現役時代はG1ウッドメモリアルS勝ち。種牡馬として同じくウッドメモリアルSを勝ったトビーズコーナーを排出。

ブライトンロック

芝、ダート兼用。前走は同コース、同距離の500万条件勝ち。中団から進出して後半3ハロン36秒5を繰り出し快勝。メンバー中1番手の脚で上がってきており瞬発力はある。

ブルベアバブーン

2走前に16番人気の端午Sを勝ったマイネルバールマンから0秒2差2着。前走の鳳雛Sは中団から進出し後半3ハロン38秒0。勝ち馬ローズプリンスダムから0秒3差5着とまずまずの内容。瞬発力もあり展開しだいでは上位争いも。

ホーリーブレイズ

関西圏で4戦して前走で500万勝ち。中団から展開し鋭い脚が使えるのが身上。メンバー強化となる今走でどこまで。初遠征も懸念材料。

ラユロット

芝、ダート兼用。2走前のフローラSは17着と全く通用せず。自己条件、ダート替わりで一変したか前走の500万はメンバー中1番目の脚(35秒2)で追い込み快勝。未勝利勝ちしたコースで舞台設定もOK。

リエノテソーロ

芝、ダート兼用の快速馬。全日本2歳優駿を圧勝し桜花賞TRアネモネSへ。ここは勝ち馬ライジングリーズンから0秒2差4着とひと息。前走のNHKマイルCは中団から運んで、勝ったアエロリットから0秒2差2着。13番人気の低評価を一蹴する快走だった。父スパイツタウンはミスプロ系ゴーンウエストの直仔で、D6FのブリーダーズCスプリント勝った名馬。

リヴェルディ

前走の鳳雛Sは勝ち馬ローズプリンスダムをハナとらえきれずタイム差なしの2着。中団から進出し、メンバー中2番目の脚で上がってきた瞬発力は上々。

獲得賞金上位

  • リエノテソーロ
  • サンライズソア
  • テイエムヒッタマゲ
  • シゲルコング
  • アディラート

抽選対象馬(19/12)

賞金1000万以下

  • アンティノウス
  • ウォーターマーズ
  • ウラガーノ
  • サヴィ
  • サンオークランド
  • サンライズノヴァ
  • シゲルベンガルトラ
  • タガノカトレア
  • テイエムアンムート
  • トラネコ
  • トロピカルスパート
  • ハルクンノテソーロ
  • バンケットスクエア
  • ブライトンロック
  • ブルベアバブーン
  • ホーリーブレイズ
  • ラユロット
  • リヴェルディ

場外対象馬

賞金500万以下

  • サンチェサピーク

レース展開

ハイペース

アディラートが引っ張る展開ならばある程度流れる。好位からサンライズソア、ノヴァの2騎。中団で新味の出たリエノテソーロは折り合い重視で前もうかがえる自在性あり。直線に向いてシゲルベンガルトラ、ラユロットらが激しく迫る。

予想の中心

  • リエノテソーロ

今週の展望

軸馬予想

週末展望

週中展望

競馬批評
©2017 競馬批評