競馬批評

趣味の競馬予想

競馬批評

6/10 本紙の推奨馬 追い比べで妙味あるキョウワゼノビア

蒸し暑い日が続きますね。お天気はきまぐれな感じ。台風の動向も気になります。

さて、日曜日のメーンは東西でG3が行われます。頭数の少ない2レースも加えて遊んでみたいと思います。

阪神9R 生田特別

1アロマドゥルセ

降級馬。大外ライン1番手、IDM、展開のダブル、上がり最速マーク、+付き。後半3F地点で最後方ですが、ここは8頭立ての少頭数。上がり最速マークが付きましたので、迷うことなく外に進路を取れば――並の騎手では脚を余すところでも――M.デムーロなら問題なく突き抜けることでしょう。

東京10R 多摩川S

9キョウワゼノビア

昇級馬。基準6番人気と妙味があります。展開、テンマークと上がり最速マークが付きました。後半3F地点で好位に取り付いているはずなので、直線は馬場の良い真ん中を突いて伸びてくるはずです。関東圏のレースで内田博幸なら追い比べにヒケは取りません。

阪神11R マーメイドS・G3

格上挑戦も侮れないミリッサ

4ミリッサ

格上挑戦。外ライン3番手、IDM、上がり最速マークあり。しがらき経由。後半3Fの地点で先団に取り付いていますので、直線は弾ける可能性が大いにあります。鞍上は岩田康誠で些か調子を落としていますが、このラインアップなら格段に追えるジョッキーです。

東京11R エプソムC・G3

差し切るサトノアーサー

16サトノアーサー

外ライン1番手、IDM、展開のダブル。上がり最速マークが付きました。後半3Fの地点では4番手まで押し上げている予想。この展開であれば脚を余すようなことはなく、伸び切ったところがゴールという印象です。鞍上は引き続き高ランクの戸崎圭太で何ら問題はありません。池江泰寿厩舎も調子を取り戻してきました。

© 2018 Japan Racing Review