競馬批評

趣味の競馬予想

競馬批評

第55回 愛知杯(G3)|週中展望

第55回 愛知杯(G3)|週中展望

1/13(土)中京のメーンは11R愛知杯です。22頭の特別登録がありました。

出走予定馬

アンドリエッテ

格上挑戦。チューリップ賞2着。京都1800m牝馬限定1000万下衣笠特別勝ち。

エテルナミノル

ターコイズS0秒1差5着。京都1800m準OP八坂S勝ち。

オートクレール

ターコイズS14着。東京1600m準OP紅葉S勝ち。

ギモーヴ

格上挑戦。阪神1800m準OP逆瀬川Sタイム差なし2着。フラワーC4着。ノーザンファーム生産。

キンショーユキヒメ

JBCレディスC12着。阪神2000m準OPムーンライトH勝ち。府中牝馬S0秒5差6着。社台ファーム生産。

クインズミラーグロ

G2、G1を使って12、14。マーメイドS2着。クイーンS3着。共にG3で良績。

クィーンチャーム

OP。中日新聞杯12着。京都2200m準OP比叡S勝ち。追分ファーム生産。

ゲッカコウ

OPディセンバーS2着。中山2000m準OPレインボーS勝ち。

コパノマリーン

格上挑戦。500万、1000万下と連勝。小倉2000m準OPカシオペアS8着。

サンタフェチーフ

格上挑戦。阪神2400mの準OPを2回使って2、2。スタミナ良好。父ヴィーゼンプファドはマイル~中距離で活躍。ドイツでG3・6勝含む9勝。

シャルール

6戦して連対なし。クイーンS2着。福島牝馬S2着。白老ファーム生産。

タニノアーバンシー

格上挑戦。準OP逆瀬川S6着。急坂は不問だが、まだ家賃は高そう。母はウオッカ、父はシーザスターズと血統スケール大。

ハッピーユニバンス

エリザベス女王杯14着。札幌1800m準OPTVh賞1着。ノーザンファーム生産。

ブラックオニキス

秋華賞6着。紫苑S4着。復調傾向。牝馬限定G3なら。

マキシマムドパリ

前年の覇者。中日新聞杯5着。エリザベス女王杯4着。実績は十分。社台ファーム生産。

メイズオブオナー

格上挑戦。中山2000m牝馬限定1000万下勝ち。2走前はローズSを使って13着。

リカビトス

格上挑戦。秋華賞10着。東京1800m1000万下勝ち。4戦消化とキャリアは浅い。ノーザンファーム生産。

リーサルウェポン

10戦以上連帯なし。

レイホーロマンス

格上挑戦。中京2200m1000万下尾張特別勝ち。スタミナ豊富。

レーヌドブリエ

格上挑戦。京都1600m準OP清水S2着。阪神1800m牝馬限定1000万下夕月特別勝ち。母はG1・5勝のメジロドーベル。

ロッカフラベイビー

OP佐渡S勝ち。府中牝馬S13着。過去にフラワーC4着があるが…。ノーザンファーム生産。

ワンブレスアウェイ

ターコイズS2番人気8着。府中牝馬S4番人気10着。白老ファーム生産。

レース展開

平均ペース

コパノマリーンが単騎を主張すればある程度流れる展開。番手にタニノアーバンシー。好位の一角にマキシマムドパリ、 クインズミラーグロ、ブラックオニキス。中団にキンショーユキヒメ、ギモーヴら。リカビトスは後方から直線一気にかける。

予想の中心

リカビトス

秋華賞は重馬場で本来の持ち味は消されてしまった。良馬場なら終い伸びてくる算段だ。1000下万まで3連勝したポテンシャルは重賞でも通用する。

© 2018 Japan Racing Review