競馬批評

趣味の競馬予想

競馬批評

2018・葵ステークス(重賞)レース展望

今年から重賞へ昇格した葵S。ただ気持ちは既に明日のダービー1色。まずは今日のメーンをしっかり物にして弾みを付けたいですね。

例年の傾向をざっくり復習う

IDMか展開印のどちらかが厚め、位置取りは最内、内目のラインから。ベースは内枠寄りの逃げ~先行馬から狙ってくのがよろしいのかと。

TARGETの指数からはどうか

近5走の補正タイムで105をマークしたのはラブカンプー、アサクサゲンキ、アンヴァルの3頭。前走が高レベルのレースだった馬はいませんでした。

アサクサゲンキの取捨選択

条件に適うのはテンマーク付きのラブカンプー、アサクサゲンキ。人気的にも軸にするなら後者かなと。だけどどうも素直になれないのはなぜか……。

大外ライン1番手なんですよね。ただ四隅で展開にも恵まれているし鞍上も問題ない。嫌う理由はないのだけど。かといって前者を頭にするには思い切りが足らない。

トゥラヴェスーラの取捨選択

そこで、内ライン1番手のトゥラヴェスーラはどうか。外枠、最速上がりマークと冒頭の前提と逆行しているがデータとしては魅力十分。

先行力もあって突き抜けてもおかしくはない。ただ後半3ハロン地点では外の2列目。出遅れたらそれこそ、そこで試合終了です。

妙味あるウィズwith浜中俊

中ライン1番手のウィズは展開印厚め。人気はあまりないですが位置取りとしては良好。鞍上の浜中俊も京都でしっかり乗れてます。妙味はありそう。

3連系の相手探し

アンヴァルは大外ライン2番手で冒頭の補正タイム105をマーク。押さえておきましょう。これで四隅のラインから3頭はピックアップしました。

レグルドールは人気的にも食指が動かない。ならばタイセイプライドを上げ。残りの1番手は外ラインからミッキーワイルド。ここまでで印は限界に達しました。

波乱含む上位拮抗

  • ◎14トゥラヴェスーラ
  • 〇2アサクサゲンキ
  • ▲10アンヴァル
  • ☆12ウィズ
  • △1ラブカンプー
  • △13タイセイプライド
  • △15ミッキーワイルド

買い目は◎〇→▲☆△の軸2頭3連複ながし。3連単も一応買っておきましょうかね。◎→〇→▲☆△、◎→▲☆△→〇。

© 2018 Japan Racing Review