競馬批評

趣味の競馬予想

競馬批評

第35回 フェブラリーステークス(G1)|週末展望

第35回 フェブラリーステークス(G1)|週末展望

2/18(日)東京のメーンは11RフェブラリーSです。16頭の出走馬が確定しました。

本紙の決断

主力伯仲

本紙 馬番 馬名
テイエムジンソク
サンライズノヴァ
ゴールドドリーム
ノンコノユメ
ベストウォーリア
ケイティブレイブ

疾風迅雷の機動力

本命は◎テイエムジンソク。前走の東海Sは自ら主導権を握る展開。コスモカナディアンに迫られるも抜かせず押し切った。2着と0秒1だったが着差以上に強い内容。精神的にも肉体的にも充実ぶりが感じられた。チャンピオンズCのように目標とされる脚質だが恐れず勝負にいける活力がある。

大本線の筆頭は○サンライズノヴァ。前走の根岸Sはゲートでチャカつき出が一息。それでも直線で力強く伸びて最後はノンコノユメと首の上げ下げ。タイム差なしの2着(レコード決着)なら1ハロン延長の今走は争覇圏内だ。最も警戒しなくてはいけないのが前走のチャンピオンズCで強烈な決め手を示した▲ゴールドドリーム。単穴評価も昨年の覇者であり舞台設定も絶好。上位争いは必至だろう。

連下筆頭は根岸SレコードVで立ち直った⑫ノンコノユメ。往時の勢いこそないが順調なら着もある⑮ベストウォーリア。自在性もあり大崩れのない②ケイティブレイブは押さえてく。

買い目

3連単フォーメーション

1頭目 2頭目 3頭目 点数
⑭⑯ ②⑫⑭⑮⑯
⑭⑯ ②⑫⑭⑮⑯
© 2018 Japan Racing Review