競馬批評

趣味の競馬予想

競馬批評

第67回 川崎記念(G1)|レース展望

第67回 川崎記念(G1)|レース展望

1/31(水)川崎のメーンは11R川崎記念です。10頭の出走馬が確定しました。

本紙の決断

本命サイド

本紙 馬番 馬名
サウンドトゥルー
アポロケンタッキー
ケイティブレイブ
アウォーディー
グレンツェント

リズム良く弾けて

本命は◎サウンドトゥルー。前走の東京大賞典はメンバー最速の上りで急襲。単騎で逃げて勝ったコパノリッキーは、終いもキッチリまとめており届かなかったが0秒6差2着。勝負所でリズミカルに動けており、この分なら昨年と同様に結果を出してくれるはずだ。

本線筆頭は○アポロケンタッキー。立て直して前走した東京大賞典は、勝負所で多少ズブさを見せながらも直線懸命に伸びて4着。1度叩いた上積みは十分で中間の乗り込みもシッカリ。これなら争覇圏内と見てもいいだろう。単穴▲ケイティブレイブは前走の東京大賞典でテンに主張する積極策。コパノリッキーには敵わなかったが、自在性のある脚質で大崩れなし。ここでも見込みは十分ある。

☆アウォーディーは星印で警戒。ドバイから帰国した後はピリッとしないものの大きく崩れてもいない。16年JBCクラシックを勝った得意の舞台だけに、気持ちひとつで勝ち負けまである。押さえに⑧グレンツェント。チャンピオンズCこそ通用しなかったが、2走前のJBCクラシックでは懸命に上位勢へ食らいついていた。

買い目

3連単フォーメーション

1頭目 2頭目 3頭目 点数
③⑥⑦ ③⑥⑦⑧
③⑥⑦ ③⑥⑦⑧
© 2018 Japan Racing Review