競馬批評

趣味の競馬予想

競馬批評

第58回 京成杯(G3)|週中展望

第58回 京成杯(G3)|週中展望

1/14(日)中山のメーンは11R京成杯です。16頭の特別登録がありました。

出走予定馬

イェッツト

格上挑戦。中山1800m新馬勝ち。着差は3/4。

エイムアンドエンド

格上挑戦。東京2000m未勝利勝ち。着差はアタマ。追分ファーム生産。

ギャンブラー

格上挑戦。東京1800m新馬勝ち。着差は3馬身。500万特別2戦も6、12とひと息。渋った馬場で一考。社台ファーム生産。

コズミックフォース

格上挑戦。東京2000m未勝利勝ち。着差は1馬身1/4。見込みはありそう。

コスモイグナーツ

アイビーS1着。東スポ杯2歳Sは5着と3馬身差の6着。

サクステッド

格上挑戦。新潟で新馬勝ち後は萩Sへ進みタイムフライヤーから0秒9差5着。ノーザンファーム生産。

ジェネラーレウーノ

中山2000m葉牡丹賞勝ち。ハナから主導権を握りそのまま押し切った。舞台設定は◎。

ジョリルミエール

格上挑戦。5戦目で未勝利脱出。

スラッシュメタル

格上挑戦。新馬勝ち後は京都2歳Sへ。3番人気に推されたが8着と見せ場なし。ノーザンファーム生産。

タイキフェルヴール

ダートで2勝。芝は2戦目の福島・未勝利で2着あり。芝、ダート兼用。

ダブルシャープ

転入初戦の朝日杯FSは9着だった。札幌2歳Sは差のない3着。ここは試金石の1戦。

デルタバローズ

重馬場の東京1600m新馬勝ち。父イントゥミスチーフはハーランズホリデーの仔。2歳時にAWのマイル戦でG1勝ちあり。半妹に米牝馬チャンピオンのビホルダー。

マイハートビート

ホープフルS7着。紫菊賞勝ち。距離はOK。ノーザンファーム生産。

ヤマノグラップル

格上挑戦。500万下昇級後は2戦して6、8。距離延長、急坂と課題あり。社台ファーム生産。

ライトカラカゼ

格上挑戦。中山2000m未勝利勝ち。コース設定は良好。父キングヘイロー、母父サッカーボーイと血統は渋め。

ロジティナ

格上挑戦。東京2000m未勝利勝ち。着差はクビ。

レース展開

スローペース

主導権争いはデルタバローズ、ライトカラカゼ、コスモイグナーツの3騎。先団の一角にジェネラーレウーノ、ダブルシャープ。中団からコズミックフォースが虎視眈々。緩いペースなら前残りに注意。

予想の中心

ジェネラーレウーノ

パワーを必要とする中山は絶好の舞台。前走で勝負根性のあるところも見せており、長くいい脚を使える展開なら順当だろう。

© 2018 Japan Racing Review