競馬批評

趣味の競馬予想

競馬批評

2018 鳴尾記念・G3 レース展望

暑い、熱い、アツい、ダービーが終わってしまい、何だかしょぼんと一区切りムード。

安田記念に宝塚記念とG1はまだ残ってますので、気持ちを奮い立たせて頑張りたいです。

まずは土曜日の鳴尾記念からどうでしょう。

TARGETの指数からはどうか

補正タイム、高レベルレース共にピックアップされた馬はおらず。混戦かなあ。

トリコロールブルーは直線で届くのか

上がり最速マークはありますが、如何せん位置取りが悪そう。例年の傾向だと外ライン、大外ラインは不利。パフォーマンスを発揮して2着、3着まで。脚を余したら掲示板まで……な感じでしょうか。

鞍上はガッツ溢れる岩田騎手。阪神コースなので狙っていきたいのですがねぇ。

ならば、トリオンフは直線で届くのか

IDM、展開ダブルで+付き。鞍上も好調のルメール騎手なら軸候補にはもってこい。ただし、外ライン1番手と位置取りはやや厳しめ評価としました。

前走でしがらきを使いました。明け2戦目の在厩調整ですが須貝厩舎ならパワーはあるでしょう。でも……。

なんてたってアイ……先行勢が怖い

IDM、展開ダブルの激走馬・サトノノブレスは後半3ハロン地点で番手予想。金鯱賞よろしくシブトク前で踏ん張っちゃうのではないかと。

ただ、上がりマーク付きのストロングタイタンとデムーロ騎手が黙っちゃいないはず。直線でキッチリ届くとしたらこの馬だと思います。

マルターズアポジーは逃げ切れるのか

IDM、展開ダブル。最内ライン1番手。鞍上は高ランクの武豊騎手。テンマークあり+付き。巧妙にラップを刻んできそうなイメージ。基準3番人気と勝ち馬の条件はクリアしました。

厩舎パワーは弱い堀井厩舎ですが、しっかりオークリーフを使ってきました。これで準備はOK。

位置取りビュアーから狙ってみたい馬

1発狙いなら内ライン1番手のストレンジクォーク。中ライン2番手のナスノセイカンの残り目も考えておきましょう。

小波乱含む上位拮抗

  • ◎6マルターズアポジー
  • 〇8ストロングタイタン
  • ▲11サトノノブレス
  • ☆10ストレンジクォーク
  • △7ナスノセイカン
  • △2トリオンフ
  • △5トリコロールブルー

買い目は◎〇→▲☆△の3連複。3連単は◎→〇→▲☆△と◎→▲☆△→〇で計15点。

© 2018 Japan Racing Review