競馬批評

趣味の競馬予想

競馬批評

第32回 根岸ステークス(G3)|週末展望

第32回 根岸ステークス(G3)|週末展望

1/28(日)東京のメーンは11R根岸Sです。14頭の出走馬が確定しました。

本紙の決断

惑星注意

本紙 馬番 馬名
サンライズノヴァ
カフジテイク
アキトクレッセント
ブラゾンドゥリス
キングズガード

ダート界の新星(ニューホープ)

本命は◎サンライズノヴァ。前走後は短期放牧をはさんでここを目標に仕上げてきた。前走は大きく離された2着であったが立ち回りはスムーズ。終いもシッカリ脚を使っており見直せる。降雪の影響でパワーを要する馬場でも、重実績を見ればむしろプラス。得意の東京コースで巻き返し十分だ。

本線筆頭は昨年の覇者○カフジテイク。一本調子の追い込み馬だけに小細工は不要。2ターンのコースで、まして東京なら紛れなく大外、殿一気で突っ込んでくるだろう。3番手評価は▲アキトクレッセント。重賞は武蔵野S3着でメド。発馬1つだが自在性のある脚質でどこからでも競馬は可能だ。

▲とそん色ない評価としたのが☆ブラゾンドゥリス。前走は2着に敗れはしたものの、勝ったアキトクレッセントより2キロ重かったことを考えれば内容は上々。内枠でスムーズに立ち回ればアタマまである。押さえは⑦キングズガード。左回りだとややモタれるが、タメれば弾ける末脚は堅実。

買い目

3連単フォーメーション

1頭目 2頭目 3頭目 点数
②③⑥ ②③⑥⑦ 9点
②③⑥ ②③⑥⑦ 9点
© 2018 Japan Racing Review