競馬批評

趣味の競馬予想

競馬批評

2018 宝塚記念・G1 レース展望

阪神メーンは春のグランプリ・宝塚記念です。このレースは昔、アーネストリーという馬に賭けて、確か馬単だったと思いますが当たった記憶があります。

競馬予想の究極とは、自分の好きな馬を信じて買うのが1番良いのではと思っています。

サトノダイヤモンドの取捨選択

やはりフランス遠征のダメージが大きいのか、帰国後はやや精彩を欠くレース振り。とはいえ、大きく崩れたのは大阪杯ぐらいです。

しがらきを使った金鯱賞は3着と馬券に絡んだが在厩だった前走は見せ場なく終わりました。前走が国内のレースであって、今走で再びしがらきを使ってこれたのは、大きなアドバンテージとなるはずです。

位置取りも大外1番手と恵まれました。鞍上も主戦のC.ルメールに戻りました。データは申し分ないです。再び大きく崩れるようならフランス遠征、凱旋門賞のダメージは相当なものなんだと思います。

ミッキーロケットの取捨選択

中ライン1番手で+がつきましたね。展開の優位性はありそうです。鞍上は和田竜二。春の天皇賞では鋭くインを突いてきましたね。昨年はリーディング4位でしたから、わりと勝負強いのかもしれません。

音無秀孝厩舎でランクは高。しがらきを経由してきましたので能力は存分に発揮できることでしょう。単純なIDMの比較ではヴィブロスとそんなに変わりませんので、人気以上にやれてもおかしくはないと思います。

ストロングタイタンの取捨選択

馬も前に付けられて、騎手、厩舎共にランクが高いです。同じく前を行きそうなダンビュライトにはないテンマークが付いています。展開の利はこちらに分がありそうかなという印象。

内ライン3番手なので直線で埋もれる可能性もあるし、それこそ激走する可能性もあります。どうやら渋った馬場はニガテようですね。稍重くらいならどうでしょうか。

パフォーマプロミスの取捨選択

後半3ハロン地点では後から3番目と並なら厳しい位置です。展開マークもないので、正直なところ強調味に欠けますが、それでも鞍上、厩舎パワーは高いです。

直線では中ライン2番手ですから進路さえ確保できれば馬券に絡む可能性はありそうです。勝ち切るためには展開のアヤというか、助けが必要かなと思います。

ダンビュライトの取捨選択

騎手、厩舎ランクも高く、先行力があります。後半3ハロン地点で番手の計算です。激走馬なのでアテにしづらいですが、渋馬場寄りに予想するなら面白い馬かなと思います。

前走が海外遠征という括りですが何せ香港なので、しがらきを使ってきた点を鑑みると、ドバイ直後やフランス直後よりは全然良くて、いいとこイーブンかなと。

サトノクラウンの取捨選択

鞍上のランクがずいぶんと下がってしまいました。ボウマン騎手がこちらなら面白かったかもしれません。

ドバイ遠征のダメージが危惧されます。堀宣行厩舎で以てしがらき経由なので回復は見込めると思いますが、ドゥラメンテがこのようなローテで挑んでいますが2着まで。結果、リタイアに追い込まれてしまいました。

単純なIDMの比較ではサトノダイヤモンドにヒケは取りません。マトモなら連覇も濃厚です。ただ、データの深読みという観点では4角まで見せ場ぐらいはあっても……といった感じです。

ヴィブロスの取捨選択

サトノクラウンと同じくドバイ遠征のダメージは非常に高いと思っています。友道康夫厩舎で以てしがらき経由ですから、リスクは最小限に留めている印象です。本来であれば昨年同様秋から始動が好ましいと思います。

位置取りは外ライン1番手。IDMから推察するに牡馬と張り合える能力は持っています。ただし、後半3ハロン地点で最後方。展開マークがあってもこの馬場にして、はてさて届くのかという疑問の余地は十分あります。

ゼーヴィントの取捨選択

最内ライン1番手を確保。展開面での利はありそうです。IDMの比較ではキセキとさほど差はありませんので、人気の盲点という見方はできるかも。

ポテンシャルはありそうですが、何かとパンチには欠ける馬です。今走は在厩調整。引き続き天栄の効果は見込めるでしょうか。

キセキの取捨選択

不良馬場の菊花賞を制し香港ヴァーズに出走しましたが9着。国内復帰戦の日経賞は吉澤S-WESTを使ってきましたが最後は好バテ。少し不甲斐ない結果でしたね。

今走で再び吉澤Wを使って調整してきました。サトノダイヤモンドと同様に立て直すという点では効果的だと思います。

位置取りは中ライン3番手とややパンチに欠けます。出遅れ癖もあるので届かない可能性はあります。展開マークと鞍上パワーでどこまで盛り返せるか……といったところでしょう。


  • ◎3・サトノダイヤモンド
  • 〇4・ミッキーロケット
  • ▲8・ダンビュライト
  • ☆5・ストロングタイタン
  • △7・パフォーマプロミス
  • △15・ゼーヴィント
  • △16・キセキ
© 2018 Japan Racing Review