競馬批評

趣味の競馬予想

競馬批評

2018 安田記念・G1 レース展望

東京のメーンは安田記念。JRDBの位置取りビュアーを見ながら、あれやこれやと検討しますが、ライン3番手からも勝ち馬が出たりと一筋縄ではいかない難解なレースです。

TARGETの指数からはどうか

補正タイム105以上をマークした馬や前走が高レベルなレースだった馬はおらず。

うーん、やはりここも混戦でしょうか……。

スワーヴリチャードの取捨選択

圧倒的な指示を集めると思われるスワーヴリチャード。最内ライン1番手、IDM、展開ダブルに加え展開予想+付き。これに展開マークでもあれば完璧な布陣でしたがそこまでは望めず。

鞍上、厩舎ともに高ランク。しがらきも使って準備はしっかり整いました。後は直線で届くかどうかのみ。仕掛けどころというか、発馬次第で勝ち切るかどうか決まるのかなと思います。

後半3ハロン図から見るに付けて、道中は少し後ろ過ぎかなという印象はあり。直線ではもしかして届かないか、大阪杯のように動いて言った場合は脚が上がる可能性は無きにしも非ず。

サングレーザーの取捨選択

内ライン1番手、IDM、展開ダブルです。上がり最速マークが付きました。ダービージョッキーとなった福永祐一の手綱さばきが見ものですね。

ただし、後半3ハロン地点では最後方と厳しい展開予想。これはゴール前急襲といったイメージ。せっかくの内ラインが生きてこない可能性もあって、脚を余す可能性は十分高そうです。

思い切って無印にしましたが、ここで馬券になるようなら騎手も馬もやはり本物だということでしょう。

ペルシアンナイトの取捨選択

IDM、展開ダブルで上がりマークと+が付きました。この馬もちょっと出遅れ癖のある馬です。鞍上の川田将雅はデビューから2戦ほど乗ってるので、その時のように気持ち前で競馬するかもしれませんね。

追い込み勢で直線届くとしたらこの馬かなと思います。出遅れて最後方から大外をぶん回すとか極端な競馬をしたら元も子もないですけど。

モズアスコットの取捨選択

外ライン1番手、展開印のみの激走馬となっております。パンチに欠けるのは前のエントリーから申しておることですが、このレースにおいては非常に展開で恵まれるのではないかと。

前走の安土城Sはダービーデーと被って、関西では高ランクの騎手が皆無。人気を被って出遅れた状況から坂井瑠星ではこの馬を卸すのは難しいのかなと、東京競馬場のターフビジョンを見ながら思いました。よくリカバリしたとは思いますが、2着まで来れたのは明らかに馬の力あってのものかなと。

矢作厩舎クラスが連闘を押して出るのには前向きな理由があると思います。ルメール騎手を確保しましたので、ポテンシャルを存分に引き出してもらいたいです。

位置取りビュアーからはどうか

レッドファルクスは最内ライン3番手。IDMのみで展開マークなし。馬券内には届かない予想で印は回りませんでした。山元トレセン経由なので態勢は整っているかなと。

内ライン1番手のサングレーザーが崩れる(馬券外)としたら、2番手のキャンベルジュニアが面白そう。展開印のみで強調味に欠けますが、前に優しいペースなら残り目も考えましょう。

大外ライン1番手はリスグラシュー。展開印、上がりマーク付き激走馬。最終的な位置取りは恵まれました。前走でしがらきを使っており、在厩調整ですが問題はないでしょう。

大外2番手のサトノアレスは激走馬。前走は出遅れるながらも最速の上がりで突っ込んできました。足を余さず使えば馬券内はあるでしょう。

外ライン2番手はリアルスティールですが、ドバイ遠征は如何せんダメージが大きい。しがらきを使ってきましたが立て直すには時間が足りないような気がします。

ならばスライドしてヒーズインラブはどうか。ダービー卿を勝ってしがらきに出しました。余裕のあるローテで準備万全です。

惑星台頭警戒

  • ◎10モズアスコット
  • 〇5ペルシアンナイト
  • ▲8キャンベルジュニア
  • ☆1スワーヴリチャード
  • △14リスグラシュー
  • △12ヒーズインラブ
  • △2サトノアレス

買い目は◎〇→▲☆△の3連複。◎→〇→▲☆△、◎→▲☆△→〇の3連単10点。計15点です。

© 2018 Japan Racing Review